法人顧客に対するビジネスは「BtoB」、一方で個人顧客に対するビジネスは「BtoC」と言います。これらの言葉はよく耳にされると思いますが、それでは「BtoE」という言葉を聞いたことはありますか?

日本ではあまり耳にしない言葉ですが、「Business to Employer(雇用主)」の略称で、海外では積極的に取り入れられている言葉です。近年Facebookを始めとした「BtoE」ブランディングが注目されつつあります。企業ブランドを高めることによって職場環境や社員満足度を向上させる取り組みです。「BtoE」ブランディングという言葉は知らなくてもSNSを使って会社のブランディングをしている取り組みといえばピンと来る方も多いのではないでしょうか。

Facebookを使った「BtoE」ブランディングで優秀な人材を引きよせる!

「BtoE」ブランディングの動きは日本でも徐々に大きくなりつつあります。主に使われるのはやはりFacebookです。Facebookの場合、情報発信としてだけでなく、そのページを見ている人たちと継続的にコミュニケーションができるところに利点があります。通常、Facebookページの運用は顧客とのコミュニケーションに使われますが、「BtoE」ではその利点を自社の働いている人たちにも向けて運用することになります。

事例1 アマゾンジャパン キャリア採用FaceBookページ

キャリア採用の情報発信を行うFacebookのページを持っているアマゾンジャパンでは、会社が行なったイベント情報や、それぞれの部署の雰囲気などを伝えています。そうすることで、具体的な社内の雰囲気を求職者に理解してもらうことができます。また働いている人にとっても、自社の文化・他部署の様子などより深く知ることができます。

このページ記事は、アマゾンで働く人たちが行なった「オフサイトミーティング」の様子です。ディスカッションをしたり、体を使ったアクティビティを行ったイベントを、ブログ感覚で詳細に読むことが出来ます。

こちらは、アマゾンで働いている人々の様子を映像化したものです。様々なサービスを作る過程や働いている様子を動画を通じて見せることで、文字だけでは伝わらない会社内の雰囲気や従業員の仕事に対する熱意などを知ってもらうことができています。

事例2 VOYAGE GROUP :イベントがたくさん!活気のある職場

BtoEのお手本といえる「VOYAGE GROUP」のFacebook。ページの投稿では、社内のイベント(社員総会、運動会、新卒の研修など)や、プロジェクトチームの活動・社員の紹介・社員のプレゼン紹介、飲み会の様子など、写真や動画を使って社内の様子を公開しています。

エネルギッシュな会社の雰囲気をFacebookページに取り上げることで、同社に務めている社員のモチベーションアップに繋がりそうです。

事例3 ライオン新卒採用:先輩社員のインタビュー記事が特徴

こちらはライオン株式会社が公開しているFacebookページです。主に新卒採用向けとして、同社で働く先輩社員のインタビューを中心に投稿されています。シリーズ化している「Facebook限定!!先輩社員インタビュー」という投稿では、先輩社員の現在所属している部署の業務内容や、入社のきっかけ、これから入ってくる就活生へのアドバイスなどについてのインタビュー記事を読むことができます。

記事内で問われる質問に対する社員の回答密度が濃く、OB・OG訪問でしか聞けないような具体的なエピソードが掲載されています。就活中の学生たちにとって、若手の先輩社員の経験や意見を知ることが出来るのは、就職活動において大いに役立つことになるでしょう。

「BtoE」は魅力ある循環を促すブランディング

ソーシャルメディアが出てきたことによって、企業の広告やその社内の雰囲気・文化を比較的簡単に伝えることができるようになりました。<br>そういった中で、Facebookを始めとしたSNS利用することで「雇用者が働く場所として魅力ある職場である」というブランドイメージを定着させることは、その企業の文化・制度を理解した従業員が入社します。そして、良い環境の中で最大のパフォーマンスで仕事を行うことができ、結果的にビジネスとしても良い効果を与えます。人口減少をたどる日本では今後、自社にマッチする優秀な人材を採用するためにも「BtoE」ブランディングを取り入れていく企業が、増えていくことでしょう。