昨今の新型コロナウイルス感染拡大の中、新しい働き方として「テレワーク」が浸透してきています。新たにテレワークを実施するにあたり課題はありませんか?
持ち出しPCの情報漏洩への対策を強化したい、重要なデータを誤って消さぬよう保護したい、オフィスと同様の感覚で使用したい、回線が不安定な状況になってもスムーズに利用したい。そもそも、ビジネスで必要なOfficeやウイルス対策アプリが必要となります。そんな様々な思いにお応えできるデータレスPCについて紹介します。

データレスPCとは

データレスPCとは、専用のアプリをインストールすることで、PCにデータを保存せず作業ができるようになった状態のPCのことです。高いセキュリティが特徴です。

データレスPCのメリット

情報漏洩対策

 データレスPCの場合、パソコンのローカルHDDはほぼ空きの状態になります。データを持ち合わせていないため、万が一パソコンの紛失・盗難が生じた際も情報漏洩を防ぐことができます。

データ損失対策

PCの故障やウイルスなど予測できない事態が発生した際、データレスPCのデータはサーバーの中で保存・管理されているため、データを失うことはありません。また、サーバーは定期的にバックアップが行われます。もしもの場合は別の端末を使用し業務を行うことができるため、最小限の対応時間で業務を行えます。

利便性・安全性の向上

データレスPCは、オンライン・オフライン環境下どちらにも対応しています。重要なデータを扱っている際、急にオフラインになったとしても作業の手を止めることなく業務に取り組めます。

データレスPCと仮想デスクトップとの違い

比べられることの多いのが、データレスPCと仮想デスクトップです。

情報漏洩を防いだり、データ紛失に関する対策があったり共通点もある中、異なる点もあります。違いについて表で確認していきましょう。

 データレスPC仮想デスクトップ
利用方法データのみをサーバーに保存パソコンにデスクトップ画面を転送
運用の手間OSのバージョンアップを使用者が行う手間が発生サーバー側でまとめて管理
使用者の手間が不要
費用仮想デスクトップに比べて安価初期費用高め
データレスPCに比べて高価
処理全ての処理(OS、アプリ)は、PC側の資源を活用するため、外部の影響なし全ての処理(OS、アプリ)は、サーバー側の資源を活用しハードウェアを共有するため、外部の影響あり

データレスPC導入による効果

・パソコンの社外持ち出しでの安全性を確保

・企業データを確実にガード

・業務停止時間を最小限にしパソコンをクイック交換

・複数人によるパソコンの共有

・導入トレーニング不要

・ビジネススピードの加速

まとめ

自宅など社外にパソコンを持ち出す機会が増えている中、個人の注意だけでは情報漏洩を抑えることは難しく、企業にもたらすリスクは増え続けてしまいます。データレスPCは仮想デスクトップに比べ、運用に関しての手間は多少ありますが初期費用を抑えられること、PC側の資源を活用するため外部に影響しないことは重要な点と言えるでしょう。
今後ますます需要が高まるとされているデータレスPC、このタイミングで一つのツールとして導入を考えてみてはいかがでしょうか。サーバーの運用や管理に頭を抱えている方々へ、救いの手を差し伸べてくれるかもしれません。

参考 テレワークにはデータレスPC「Flex Work Place Passage Drive」