Amazon広告は、インターネット上の巨大マーケット産業をいち早く確立させたAmazonに掲載される広告です。マーケティング上では、実に多くの企業が自社商品をAmazon広告で掲載しています。

そこで今回は、Amazon広告がイチオシな理由と、これから始めたい人へ最低限知っておきたい基礎知識と始め方について詳しくまとめてみました。

Amazon広告とは?

言わずと知れたAmazonは、1994年にアメリカで設立されました。はじめはオンライン書籍などを扱う書店がメインでしたが、徐々にそのブランド力を高めていき、今では、インターネットを利用している人なら誰もが知っている巨大なプラットフォームへと進化を遂げました。

Amazon広告は、世界中にユーザーをもつAmazonを通じて広告配信ができるプラットフォームです。オンライン広告をはじめるならまずはAmazonに登録すれば間違いなしといっても過言ではないほど、その知名度は絶大です。

Amazon広告がイチオシな理由とは?

なぜそこまでAmazon広告がイチオシされるのでしょうか。ここではその理由について詳しく見てみることにしましょう。

費用対効果が高い

まず、Amazonを利用するユーザーは、「(目的の)商品を買いたい」と思っている人がほとんどです。商品購入を目的にサイトを訪問しているので、一般的なユーザーよりもはるかに広告や商品に興味があり、かつ、コンバージョンしやすいという特徴も持っています。

購買意欲の高いユーザーに自社の広告を配信することで、費用対効果をより高めることも期待できます。

広告との併用で露出を高められる

Amazonに自社商品を掲載しているけれど、なかなか売れない・・・などで売り上げが伸び悩んでいるというケースもあるのではないでしょうか。

Amazon広告は、商品カテゴリの一番見えやすい位置に高校配信することができるので、数ある商品の中でも他社よりも目立たせてユーザーの目に触れやすくすることができます。

精度の高いターゲティング

Amazon広告では、Amazonがもつ登録アカウント情報を利用して、ターゲティングすることができます。

Amazonには、アカウント取得時に年齢・性別・地域などのユーザー属性を登録するので、膨大なデータをターゲティング情報として活用することができます。

また、購入履歴や閲覧履歴などから家族構成、職業、ライフスタイルなどの精度の高い情報を得ることもできるので、より詳細なターゲティング設定が可能になります。

レビューを利用できる

Amazon広告では、配信した広告はもちろんのこと、商品購入したユーザーからのレビューが見やすいという特徴があります。こちらから商品を強くアピールするよりも、実際に商品を購入したユーザーが書き込んだ情報は、説得力があり、現実味をます効果があります。新ターネットで買い物をする人は、このレビューをもとにすることが多いので、おすすめです。

アマゾン広告の種類

Amazon広告には、Amazonサイトの中でのみ配信される「スポンサー広告」と、Amazonサイト外で配信される「Amazon DSP」があります。

ここでは、それぞれの種類の名称と特徴について見てみることにしましょう。

Amazonサイト内広告

まずは、サイト内広告を見ていきましょう。

スポンサープロダクト広告

これから Amazon広告を始めたいという人におすすめなのが、「スポンサープロダクト広告」です。

「検索キーワード」や「商品名」、「カテゴリ」などを利用して商品検索を行ったあとの検索結果に表示される広告で、広告をクリックすると自社のランディングページに遷移するように設定することができます。

スポンサープロダクト広告で表示される広告は、登録された広告主の情報や商品画像をもとに自動作成してくれるので、バナー作成やデザインなどの手間をかける必要がありません。

スポンサーブランド広告

新商品やイチオシ商品、ブランドの認知拡大を目的とするなら、「スポンサーブランド広告」がおすすめです。

スポンサーブランド広告は、「商品(ブランド)ロゴ」と「見出し文」+商品画像を組み合わせ、Amazonの検索結果に表示してくれる広告です。

商品画像は3つまで設定することができるので、カラーバリエーションやシリーズ品なども効果的に見せることができます。

スポンサーディスプレイ広告

自社商品はもとより、類似商品や関連商品など、ある特定の商品を検索しているユーザーにアプローチするなら「スポンサーディスプレイ広告」がおすすめです。

スポンサーディスプレイ広告は、Amazonのサイト内にディスプレイ広告として表示されます。ユーザーが検索・閲覧している商品と関連性のあるもの、興味を持ちそうなものを分析して配信してくれます。

Amazonサイト外広告

Amazon DSP広告を利用して、Amazonサイトの外でも広告を配信することができます。Amazonがもつユーザーの属性情報や閲覧履歴や購買履歴を元にして、高精度なターゲティングすることができます。

Amazon DSPを利用することで、普段Amazonを利用しないユーザーに向けたアプローチができるので、より認知を拡大させたい場合におすすめです。

まとめ

この記事を読んでみて、「なぜ、 Amazon広告がイチオシなのか」がよく理解できたのではないでしょうか。

Amazon広告は、現在GoogleとFacebookの2大プラットフォームをしのぐ第3のプラットフォームとして近年特に注目を集めています。

これからマーケティングをはじめるなら、まずは Amazon広告の利用を検討してみてください。