Amazonスポンサーディスプレイ広告とは、Amazonが運営しているディスプレイ広告です。Amazon内でユーザーが検索した商品ページ内の広告枠に、詳細な商品情報を掲載できる広告です。

現在、購入を検討しているユーザーから、価格や性能を比較検討しているユーザーに対するアプローチに適しています。しかし、実際にこの広告を運用したいと考えているものの、出稿のやり方がわからないという方も多いでしょう。

この記事では、企業のデジタル広告担当者やECショップ担当者の方に向けて、Amazonスポンサーディスプレイ広告の特徴やメリット、デメリットのほか、Amazonスポンサーディスプレイ広告の出稿手順についても解説します。

Amazon広告とは?

Amazon広告とはユーザーが商品を検索することで、Amazon内の商品詳細ページや商品検索結果ページなどに表示される広告です。

「スポンサープロダクト広告」「スポンサーブランド広告」「スポンサーディスプレイ広告」の3つの種類があります。

スポンサープロダクト広告とAmazonの検索結果の最上部や最下部に表示されます。ユーザーが検索した商品と関連のある商品を表示するので、購入される可能性が高いです。

スポンサーブランド広告も、検索結果の最上部に表示されます。ブランドロゴ、見出し、最大3点までの商品を表示できるのが特徴です。

スポンサーディスプレイ広告は、商品詳細ページに表示されます。広告は自動生成されるので手間がかからないのがメリットです。この記事では、このスポンサーディスプレイ広告を中心に解説します。

Amazon広告は他の広告にはない強い訴求力をもち、上手く運用すれば高いクリック率が得られます。同時に、高いコンバージョン率にも繋げることも可能です。そのため、現在も注目が高まり続けるインターネット広告の1つです。

Amazon広告の需要

Amazon広告の強みといえば、Amazonそのものがオンラインストアであることです。

利用するユーザー層はほとんどが顕在ユーザーであり、購入意欲のあるユーザーが閲覧します。そんなオンラインストア内に広告を掲載し、ユーザーの購入意欲を加速させ、高いコンバージョンを獲得します。

Amazonとは数あるオンラインストアの中でも世界規模なサイトです。国内ではトップシェアを誇り、近年ではますますインターネットを利用したショッピングが増えつつあります。そのため、利用ユーザーは現在も増加傾向です。

メディアパワーは非常に強力で、現在はGoogleやFacebookに匹敵します。全世界に展開し、高い知名度を誇るAmazonは、多くのユーザーに利用されています。

Amazonスポンサーディスプレイ広告の特徴

ここからは、数あるAmazon広告の中からAmazonスポンサーディスプレイ広告について解説します。

Amazon広告のディスプレイ広告には、似たような名称で「Amazonスポンサープロダクト広告「Amazonスポンサーブランド広告」の2種類が存在します。特徴からターゲティング、広告の掲載枠、アプローチするユーザーなど、全く異なる広告であるため注意しましょう。

同じAmazon利用者でも、ユーザーの目的はさまざまです。購入目的のユーザーもいれば、商品の比較検討したいユーザーもいます。

また、潜在的に意識しているが、購入までには至らないユーザーもいます。その中でもAmazonスポンサーディスプレイ広告はどのユーザーに、どのようにしてアプローチするのかを理解し、コンバージョンに繋げましょう。

Amazonスポンサーディスプレイ広告の特徴

商品の認知度向上と売上、コンバージョンの獲得が目的です。ユーザーが検索した商品詳細ページ内に関連する商品広告を表示します。

競合する他社の商品ページから自社の商品ページへ流動させる導線になり、主に検討、潜在ユーザーへのアプローチに向いています。設定次第では顕在ユーザーへのアプローチも可能です。

後述する広告と比べても、少ない労力で運用できることも特徴です。配信のためのターゲットや予算額を設定することで、広告のクリエイティブを自動生成します。そのため手間をかけず、効果的に配信できます。

Amazonスポンサーディスプレイ広告は2019年に米国でリリースされ、日本でもさまざまな機能が追加されています。ただ、使用するためにはブランド登録が必要であるなど、出稿までに設定以外の準備が必要となる広告でもあります。

その他のAmazonディスプレイ広告

・Amazonスポンサープロダクト広告

売上とコンバージョンの獲得を目的としたクリック課金型広告です。顕在ユーザーへのアプローチを得意とし、ユーザーが検索するキーワードの商品に対して、関連する広告をターゲティング、表示します。入札額やコンバージョン率に応じて、Amazon内検索結果ページの上部、中部、下部の順に優先して掲載されます。

・Amazonスポンサーブランド広告

企業ブランドとその商品の認知度、売上、コンバージョン率の向上を目的としたクリック課金型広告です。ブランドロゴとカスタマイズできる見出しを最大3つまで、Amazon内検索結果ページの上部に掲載します。他の広告より費用がかかるものの、Amazonスポンサープロダクト広告よりも上部に掲載でき、認知度の向上が期待できます。

スポンサーディスプレイ広告のメリット・デメリット

強い訴求力により、競合する他社の商品から流動できる広告です。複雑で難しい設定や労力をかけずに出稿し、効果的に運用したい方におすすめする広告です。

しかし、Amazonスポンサーディスプレイ広告にもメリットやデメリットがあります。大切なのはメリットを最大まで活用し、デメリットを補う施策を考えることです。何に優れ、何に劣っている広告なのかを理解しましょう。そうすることで、さらに今後のマーケティング施策に活用できます。

スポンサーディスプレイ広告のメリット

強い訴求力から、商品の購入を迷っているユーザーや比較したいユーザーをコンバージョンまで繋げられる広告です。商品詳細ページ内でいえば、現在最も目立つのがAmazonスポンサープロダクト広告です。ユーザーが見ている商品の次に、視界に入るように配置された広告です。

カートボックスの近くに掲載枠が配置されており、そこにAmazonスポンサーディスプレイ広告が表示されます。検索した商品情報と広告が同じ画面内で見られるため、比較対象にもなります。

また、広告の商品と競合させるのではなく、関連商品にすれば興味を示したユーザーを流動できます。そのため、検討、潜在ユーザーに効果的な広告でしょう。

スポンサーディスプレイ広告のデメリット

配信先の掲載枠が商品詳細ページ内のみであるため、他の広告と比べてもアプローチできる範囲が狭くなります。また、出稿に申請が必要です。

掲載まで時間がかかる可能性もあり、商品や目的の内容によっては、別の広告で配信するほうが効果的な場合もあります。

また、これから先多くの企業が参入する可能性も考えられますが、そうなると問題になるのが広告費用です。掲載順位を上げるために競合するほど入札額が高くなり、費用がかかります。

このように、将来性が不透明であり、今後競合が増えて広告費が上がる可能性があるのは、Amazonスポンサーディスプレイ広告のデメリットといえるでしょう。

スポンサーディスプレイ広告の出稿手順

ここでは、Amazonスポンサーディスプレイ広告の出稿手順を解説します。あわせて、出稿にかかる費用についても解説します。

Amazonスポンサーディスプレイ広告を出稿するためには、ブランドをもつことが条件です。まずはブランド登録を済ませておきましょう。後述する出稿手順がさらに簡単にできます。

スポンサーディスプレイ広告の出稿手順

Amazonスポンサーディスプレイ広告の出稿手順を解説します。

手順は全て、Amazon広告の管理画面内で行います。

1.キャンペーンを作成する

「キャンペーン名」「開始日」「終了日」「1日の予算」「広告グループ」を決定します。

2.商品を選択する

配信する広告の商品を選択します。

3.ターゲットを決定する

Amazonスポンサーディスプレイ広告では「商品ターゲティング」のみです。商品のカテゴリーやブランドに振り分けて、適切で詳細にターゲティングしましょう。

4.入札額を入力する

入札額を決定しましょう。低すぎると掲載の優先度も下がってしまうため注意しましょう。変更はいつでも可能です。広告の状況によって調整しましょう。

以上の手順で広告を出稿します。シンプルな手順ですが、ターゲティングや入札額が肝心です。

スポンサーディスプレイ広告の出稿にかかる費用

Amazonスポンサーディスプレイ広告ではクリック課金型を採用しています。掲載回数に関係なく、ユーザーが広告をクリックするたびに費用が発生します。

費用対効果が高く、コンバージョンにつながる可能性の高いユーザーに掲載できることが特徴です。最適な入札額にすることで、無駄な費用をかけずに広告の露出度を調整できます。

まとめ

Amazon広告とはユーザーが商品を検索することで、Amazon内の商品検索結果ページや商品詳細ページなどに表示される広告です。

その中でも商品詳細ページにある、カートボックスの近くに掲載できる広告がAmazonスポンサーディスプレイ広告です。検討、潜在ユーザーへの訴求力が強く、今後も注目されています。

Amazonスポンサーディスプレイ広告の特徴やメリット、デメリット、出稿の手順を理解することで効果を最大に発揮した運用ができます。自社の施策にぜひ役立ててください。