スマホの普及率が高まり、WEB検索やネットショッピングをスマホで行うユーザーが増えています。アクセスのほとんどがスマホからというサイトも多いのです。そのためスマホやタブレットなどからのアクセスを増やすためには、スマホサイトのSEOが重要になってきます。

また、今までの検索結果は、モバイル検索であってもPCサイトの評価が基準になっていましたが、今後はスマホサイトの評価が基準になるというGoogleの発表もありました。そういった観点からも、スマホサイトのSEO対策の重要度は高まっていると言えるでしょう。

今回はスマホSEOを行う際の大切なポイントをまとめてみました。

まずはモバイルフレンドリーでチェック

スマホサイトを検索エンジンで上位表示させるためには、Googleのモバイルフレンドリーに対応している必要があります。まずGoogleのモバイルフレンドリーテストページで自社サイトがモバイルフレンドリーであるかどうかチェックしてみましょう。問題がなければ「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されます。

問題がある場合は「テキストが小さくて読めません」「リンク同士が近すぎます」「モバイル用viewportが設定されていません」などと改善すべき問題点が表示されるのです。問題点が見つかったら検索順位に悪影響を及ぼす可能性がありますので、すみやかに修正しましょう。

スマホサイトの検索順位を上げるためのポイント2つ

スマホサイトの検索順位を上げるためには次の3つのポイントが重要になります。

1,スマホ対応

Googleがモバイルフレンドリーアルゴリズムを導入して以降、スマホでの検索順位とパソコンでの検索順位に違いが出るようになっています。そのため上位表示をねらうためには、サイトがスマホ対応していることが大前提となります。

スマホ対応かどうかはモバイルフレンドリーテストの項目を基準にできますが、なによりもスマホユーザーにとっての使いやすさ、見やすさを大事にしましょう。

2,内部対策

サイトがスマホ対応であるというだけで、上位表示されるわけではありません。ユーザーが求める、ユーザーに役立つコンテンツがたくさんあるかに加え、検索エンジンのクローラーに認識されやすいような内部対策がされていることが重要です。

基本的にはユーザーを第一に考えればいいのですが、最低限の内部対策は必要となります。

スマホサイトの内部対策

スマホサイトの内部対策として、まずHTMLソースの最適化をしましょう。特にtitleタグは検索エンジンが最重要視する箇所です。titleタグ内にページのコンテンツを的確に表すキーワードを必ず入れ込むようにします。

ページの紹介文であるdescriptionタグも重要です。ここにも適したキーワードを含むようにしましょう。上位表示への影響度はあまりありませんが、検索してきたユーザーがあなたのサイトを見つけやすくなります。

また見出しであるhタグにもコンテンツの内容に適したキーワードを入れるようにします。

またHTMLソースの最適化だけでなく、コンテンツを充実させることも重要です。総単語数やユニーク単語数も検索エンジンの評価の対象になりますので、内容の薄いページでは上位表示は期待できないでしょう。検索ユーザーに対して必要な情報を提供しようと思えば、必然的にコンテンツはある程度のボリュームになるはずです。常に検索ユーザーを意識したコンテンツ作りをしていきましょう。

まとめ

スマホサイトを検索エンジンで上位表示させるためには、モバイルフレンドリー対応にすることが大前提です。

そのうえで、HTMLソースやコンテンツ量の内部対策を施せば上位表示の可能性は大きく高まります。まだスマホ対応になっていないサイトも多いのですが、これからはモバイルフレンドリーに対応したスマホサイトもどんどん増えてくることが予想されます。その時にライバルと差別化して上位表示させるためにも、できるだけ早く対策を始めましょう。