さまざまなシチュエーション合わせた写真素材を「ストックフォト」を提供するサービスは、Webサイトの制作や広告・出版物の制作において、今や必須のものとなっています。

さまざまなストックフォトのサービスがありますが、*多くのデザイナーが使う定番ソフト「Photoshop」や「Illustrator」を提供しているAdobeが「Adobe Stock」というストックフォトサービスがあります。

今回は、そもそもストックフォトとはなにか、「Adobe Stock」のメリットと使い方についてご紹介します。

ストックフォトとは

ストックフォトとは、さまざまなシチュエーション合わせた写真素材のことです。また、写真素材のみでなく動画や音楽も含めたマルチメディア素材についてもストックフォトと呼ばれます。

ストックフォトのメリット

Webサイトを見たときに最初に表示される領域のファーストビューの印象が良くなければ、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。広告においては、そもそも印象の薄いクリエイティブであれば、ユーザーをサイトへの誘導や、問い合わせにつなげることができません。

これらの印象を大きく左右するのが画像や動画、音声であり、当然ながら多くのデザイナーが悩むポイントの1つです。

クオリティを上げるために、目的にあった素材を撮影するのには、企画が必要となるのはもちろん、カメラマンや場合によってはモデルを集める必要があり、膨大な工数やコストが発生してしまいます。

*さまざまなシーンに合わせた素材を提供しており、それらの問題を解決できるのが「ストックフォト」サービスです。*

ライセンスの種類

ストックフォトを利用するにあたり、注意する必要があるのがライセンスの種類です。ここでは、一般的な2つのライセンスを紹介します。

ロイヤリティフリー (RF)

ロイヤリティフリー(RF)素材とは、一度購入すれば、使用許諾の範囲内で何度でも使用できる素材のことです。ただ、目的や作品によっては利用できないことがあるので、確認が必要です。また、許諾を得ている人や組織のみの使用に限られており、第三者への使用権の譲渡はできません。

ただ、注意したいのが、著作権は撮影や制作をしたクリエイターに帰属するので、著作権がフリーの素材ではないということです。

ライツマネージ (RM)

ライツマネージ (RM)素材とは、1回ごとに使用、用途に応じて料金を計算して、使用許諾を発行する素材のことです。素材の使用履歴が管理され、それぞれの素材について一定期間、一定地域で独占的に使用することが可能です。

ロイヤリティフリーの素材では、他社が同じ素材を使う可能性がありますが、ライツマネージの素材では、そのようなバッティングを回避することが可能です。

Adobe Stockとは

Adobe Stockとは、Adobe社が提供する「ストックフォト」サービスです。Adobeが監修している4,500万点を超えるロイヤリティフリーの高品質な写真、イラスト、グラフィック、動画をキーワードで検索でき、画像一枚単位、あるいは月額で複数枚数のライセンスを得るサブスクリプションで購入して、自由に利用できます。

Adobe Stockのメリット

4,500万点以上の豊富な高品質な素材!

4,500万点以上の高品質な写真、イラスト、グラフィック、動画</b>が用意されています。また、画像についてはほぼすべてのコンテンツが最大 300 dpi の高品質な印刷に対応しています。

ロイヤリティフリーで自由に使える!

Adobe Stockの素材は<b>ロイヤリティフリーのため、利用の権利を一度購入すれば、使用期限や使用地域の制限なく利用できます。

AdobeのCCソフトとの連携!

Adobe Stockのもっとも大きなメリットとして、他のAdobe製品「Photoshop CC」「Illustrator CC」「InDesign CC」との連携です。*Adobe Creative Cloudのデスクトップアプリケーションから直接画像を購入、使用、管理できます。*

他のストックフォトの場合は、Adobeのデザインソフトとの連携をしていないため、サンプルで画像をあてる、ダウンロードする、ソフトに取り込むという作業が必要ですが、Adobe Stockではそれらの作業が非常に簡単になります。

Adobe Stockの使い方

1. Adobe Stockのサイト上で画像を検索

Adobe Stockのサイト上で、キーワードをもとに画像を検索できます。使いたい画像を選択して、ライブラリに追加します。

2. Adobe CCのアプリケーション上で、プレビュー

「Photoshop CC」など、Adobe Creative Cloudのアプリケーションで、ライブラリから直接画像を配置します。

3. Adobe CCのアプリケーション上で、ライセンスを取得

利用する画像が決まれば、アプリケーション上から簡単にライセンスを取得することができます。

以上のように、本来ならば、画像を選んでダウンロード、読み込み、配置という流れで行っていた作業が、非常に簡単に行なえます。