検索エンジンからの集客には、SEO、リスティング広告という2つの施策があります。SEO、リスティング広告はそれぞれ特徴があり、状況に応じて適切な使い分けが必要です。

今回はSEOとリスティング広告の違いについて紹介します。

SEOとリスティング広告とは

SEOは、GoogleやYahoo!などの検索結果で自社サイトの露出を増やし集客する施策です。一方、リスティング広告は、特定のキーワードを検索したユーザーに対して配信する広告です。

検索結果画面の中で、広告枠以外の部分を「自然検索」と呼びます。

それぞれの特徴を簡単に説明すると次の通りです。

SEO

SEOは、効果が出る(=特定のキーワードで自社サイトが上位表示される)までに時間がかかりますが、適切な施策を行い順位が上がれば長期的にアクセスを獲得することが可能です。

リスティング広告

リスティング広告は、すぐに実施できます。キーワードごとに表示枠のオークションが行われ、掲載単価が高いほど上位に表示されます。また、クリック課金であるため投資対効果(ROI)の検証・改善がスピーディーに行えるのが大きな特徴ですが、SEOとの大きな違いとして1件のクリック(≒自社サイトへのアクセス)に対して広告費を払い続けることになります。

スピードはリスティング広告の方が早い

リスティング広告は出稿してから数時間〜数日の審査後に反映されるため、SEOよりもスピーディーに施策を開始できます。他のサイトよりも高い金額で入札を行えば、上位に表示されるため、コントロールが容易です。サイトに流入したユーザーのCPAと入札金額の調整により、投資対効果が合うように運用します。

SEOの場合、施策を行ってから検索順位が上昇するまでに時間がかかり、また確実に狙ったキーワードで上位を獲得できるというものではありません。検索エンジンは世界中のサイトのコンテンツをクローリングして評価をしますが、様々な要因が関係するため、1つの施策を行ったからといってすぐに上昇する場合もしない場合もあります。また、新しいサイトでは、サイト全体の評価が上がるまではどのキーワードでも順位が上がりにくく、時間がかかってしまう傾向があります。

リスティング広告はスピードが早いと言っても審査があるので、新しく運用を始める場合、広告文を変更する場合は1週間程度は余裕を持って準備を行いましょう。特に年末など、審査に時間がかかる時期は注意が必要です。

長期的に見れば、投資対効果はSEOの方が優れている

リスティング広告は、キーワードを検索したユーザーが広告をクリックした場合に課金される、成果報酬型の仕組みです。アクセス数が増えるほどクリック数も増加し、月の広告費も増加します。

SEOは、ユーザーがコンテンツをクリックした場合でも費用はかかりません。SEOの場合、集客だけでなくコンバージョン(成約)率を上げることができた場合、リスティング広告よりも投資対効果が上がります。

商材によってはリスティング広告は配信できない

例えば、「たばこ」などの商材はリスティング広告を配信できません。商材によってはリスティング広告が配信できない場合、検索エンジンを利用した集客はSEOのみで行うことになります。

どちらの施策を打てば良い?

SEO、リスティング広告にはそれぞれ特徴があります。Webサイトへの集客をより効率よく行うために状況に合わせて使い分けましょう。

SEOの場合、見込み客を育てることを目標にする中長期的なWebマーケティング戦略で活用できます。

リスティング広告は、購買意欲が高いユーザーに対してスピードをもって行う戦略に向いています。また、期間限定のキャンペーンなどでは、リスティング広告の方が相性が良いです。

例えばキャンペーンの例としては、「春の○○キャンペーン」などを行なう場合や、テレビCMや電車のつり広告などで「○○と検索」といった検索への誘導を行なう場合です。これらの場合にもちろんSEOを行ない、自然検索で上位表示されているに越したことはありませんが、順位が上がらなかったり、突然順位が下がってしまう可能性はあるため、単価を上げれば表示されるリスティング広告を利用すべきです。

まとめ

SEOは効果が出るまでの期間、クリック率や認知などが異なります。自社の状況に合わせ、費用対効果やWebマーケティング戦略の目的で分けて施策することで、効果的なWebサイトの集客を行うことができます。

今回紹介したポイントを確認し、状況に応じて検索エンジンを利用した効果的な集客の方法を検討しましょう。

ツール利用料が無料!?Shirofune登録するなら、お得なキャンペーンの今!

ShirofuneとはWeb広告運用を行うクラウドサービス。

まだあまりなじみがないという方もいるかもしれませんが、実はその前身となった広告運用自動化ツール「ADFUNE」は、国内導入数No1を誇る名ツールです。

そのアルゴリズムをベースに新たに開発されたのが、このShirofuneなのです。その特徴は、大きく次の二つ。

(1)専門知識不要で誰でも簡単に使える

(2)受け身で高い広告効果が実現できる

つまり、限られたプロフェッショナルしか知らなかった運用技術・ノウハウを、広告運用初心者にお手頃価格で提供するのが、Shirofuneということになります。

これだけ高度な機能を搭載したShirofuneですが、既存の広告アカウントに導入できるProプランの場合、定額の月額利用料はなく、「月額広告費×5%」が費用となります。そのため「少額の広告運用から始めてみたい」という企業にとっても非常に導入しやすい料金設定となっています。

*「いくらコストが低いといっても、使えるかどうかわからないツールにお金を出すのはちょっと……」という慎重派の方も、ご心配なく。Shirofuneはプランにかかわらず2ヵ月間無料でお試しできます。さらにキャンペーン中の今なら、招待コードを入力すれば追加でもう1ヵ月、最大で3ヵ月間無料でShirofuneを使えます。少しでも気になる方は、これを機に試してみてはいかがでしょうか。*