今回は、Webマーケティングで使用されるビジネス用語をテーマに紹介していきます。

1. SEM(Search Engine Marketing)/ エス・イー・エム

SEMとは、検索エンジン経由からの訪問者を増やすマーケティング手法を指します。SEO・リスティング広告などの手法が含まれます。

2. SEO(Search Engine Optimization)/ エス・イー・オー

SEOとは、「検索エンジン最適化」と呼ばれ、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の施策を指します。

3. CPC(Cost Per Click)/ シー・ピー・シー

CPCとは、1クリックあたりの広告コストを測る指標です。クリック単価とも呼ばれます。

リスティング広告など、クリック課金型の広告で使用され。 広告コストをクリック数で割って算出します。

4. CPM(Cost Per Mille)/ シー・ピー・エム

CPMとは、インターネット広告の配信単価を測る指標の一つです。インプレッション単価と呼ばれ、行事1,000回あたりの料金を指します。

5. PV(Page View)/ ページ・ビュー

PVとは、Webサイト内の特定のページが開かれた回数を指します。Webサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標です。 

HTML文書で書かれたWebページが、ブラウザに1ページ表示されるごとに1PVとカウントされます。

6. UU(Unique User)/ ユー・ユー

UUとは、特定の期間内にWebサイトを訪問したユーザ数を指します。

同じWebサイトに同一ユーザが何度も訪問した場合は、1UUとしてカウントされます。 

7. 直帰率

直帰率とは、Webサイトを訪問したユーザが1度もページ遷移せずにサイトを離れてしまった割合を指します。

直帰した数をそのページのPV数で割って算出します。

直帰率が高い場合は、サイトのデザインや操作性などを見直すことになります。

8. 離脱率

離脱とは、Webサイトに訪問したユーザが次のページに進まずに、そのページを出口にしてブラウザを閉じたり、他のサイトに移動してそのサイトを退出することを指します。

離脱率は、出口になったページのPV数を、そのページを離脱した数で割って算出します。

9. CV(Conversion)/ シー・ブイ 

CV(コンバージョン)とは、広告や企業サイトを閲覧したユーザが、会員登録・資料請求・商品購入などの、成果につながる行動を起こすことを指します。

10. CVR(Conversion Rate)/ シー・ブイ・アール

CVR(コンバージョンレート)とは、Webサイトへのアクセス数のうち、コンバージョン(商品購入・資料請求・会員登録など)に至った割合を測る指標です。

11. IMP(Impression)/ インプ

IMPとは、Webサイトに掲載される広告の効果を計る指標の一つで、広告の露出回数を指します。

サイトに訪問者が訪れた際、広告が1回表示されると「1インプレッション(1IMP)」としてカウントされます。

12. CTR(Click Through Rate)/ シー・ティー・アール

CTRとは、インターネット広告の効果を計る指標の一つです。

「クリック率」とも呼ばれ、リンクがクリックされた回数、特に広告では広告がクリックされた回数を、広告が表示された回数で割って算出します。

13. CPA(Cost Per Action)/ シー・ピー・エー

CPAとは、1件のコンバージョンを獲得するのかかった広告コスト(成果単価)を測る指標です。

14. LP(Landing Page)/ エル・ピー

LP(ランディングページ)とは、検索や広告経由でユーザがWebサイトに訪問する際、最初に開くことになるページを指します。

15. LPO(Landing Page Optimization)/ エル・ピー・オー

LPOとは、「ランディングページ最適化」と呼ばれ、サイト訪問者が最初に訪れるランディングページを改善することによって、訪問者が会員登録や商品購入など成果につながる行動を起こす確率を高めるために行う一連の施策を指します。

16. EFO(Entry Form Optimization)/ イー・エフ・オー

EFOとは、「エントリーフォーム最適化」と呼ばれ、Webサイトの入力フォームを改善することにより、登録や発注の意思を持つユーザが途中で離脱する確率を下げるために行う一連の施策を指します。

まとめ

今回は、Webマーケティングをテーマに、新入社員が知っておきたいビジネス用語を紹介しました。

略語やアルファベット表記の用語も多いですが、Webマーケティングに関わる業界では必ず知っておかないといけない言葉です。

次回は、Webサイト制作の場面で使用されるビジネス用語を紹介していきます。