自分でホームページを作るときには、何が必要となるのでしょうか。ホームページを作る上で必要な環境やソフト、どのような知識が必要なのかについてご紹介します。

ホームページを作るう上で必要な環境やソフト

ブラウザ

ホームページはブラウザ上で表示されます。自分が作ったホームページを見るにはブラウザが必要です。かつては、windowsに標準でインストールされていたInternet Explorerが主流でしたが、現在では Google Chrome や Safari、Firefoxが主流となっています。

ホームページを作る中で、思い通りの挙動とならないことが多く、その原因を確認するためのツールが現在主流のブラウザでは高機能で使いやすくなっています。

テキストエディタ

ホームページは、HTMLやCSSというテキストファイルを編集して作成しますが、そこで必要なのがテキストエディタです。例えばwindows に標準でインストールされている”メモ帳”でも可能です。ただし、HTMLやCSSを編集する上で効率が悪いため、適切なエディタを選択したほうが効率よく作業できます。

ホームページ作成を行ううえで、無料で利用できる Atom というエディターが現在では人気です。

画像編集・イラスト編集ソフト

ホームページのデザインを決める要素の1つに、写真やイラストなど画像があります。それらを編集するためには画像編集ソフトやイラスト編集ソフトが必要となります。

Adobeの提供する画像編集ソフト”Photoshop”、イラスト編集ソフト”Illustrator”を多くの人が利用しています。

無料のソフトでは、GIMPが有名です。多機能なソフトのため、慣れればGIMPでもホームページのデザインに必要な加工は対応できます。

サーバー

ホームページを作成したら、誰からもアクセスできるようにサーバーに作成したファイルをアップロードします。サーバーというと難しいものと思うかもしれませんが、レンタルサーバーを利用する場合は、ファイルを置く場所だという認識程度でも利用可能です。

どのようにして、ホームページが表示されるかについては下記の記事を参考にしてください。  

[Webサイトはどうやって表示される?WebサーバとWebブラウザの役割]

FTPソフト

サーバーにファイルをアップロードするのに必要なのがFTPソフトです。Windowsでは、”FFFTP”という老舗ソフトが有名です。現在では、Macでも利用できる”FileZilla”の人気が伸びています。

ホームページを作る上で必要な知識

HTML・CSSの知識

ホームページを作る上でまず、必要となるのがHTML・CSSの知識です。HTMLはサイトの構造を記述して、CSSは装飾を記述します。完全に理解していなくても、すでにあるサイトを変更するといったレベルには数日学習すればできるようになります。

SEO

ホームページを公開したとしても、誰にも見てもらえなければ意味がありません。FacebookやTwitterなどSNSからの流入はもちろん、Google や Yahoo! などの検索エンジンからの流入は非常に重要です。

検索結果で自分のホームページを見つかりやすくするためには、SEO(検索エンジン最適化)の知識が必要です。基本的にはHTMLとして正しい書き方がされていれば問題ありませんが、正しいサイト構造の設計や技術的に問題を解決する必要のある場合もあります。

サーバーの知識

レンタルサーバーを利用していれば、あまり知識がなくても問題ないですが、スペックの問題やセキュリティの問題から自分でサーバーを管理する必要がある場合には、サーバーの知識が必要となります。

サーバーの基本的な知識については下記の記事を参考にしてください。  

[サーバって何?初心者でもわかる4つのサーバの種類]

さいごに

ホームページを作るには、さまざまな環境構築や知識が必要となります。しかし、無料で使えるソフトも多く、基本的な知識に関する情報は数多くあるため、不可能なものではありません。