今回は広告のマーケティング方式について説明します。ターゲティングにおいて活用される情報は

・地域

・年齢

・性別(その他、LGBTへのシフトで変更になっている部分があります。)

・デバイス

・アフィニティ

・購買志向

など、様々な情報が活用されています。この中から、今回、打つ広告のとって有意義なものを選択し、狙ったユーザーに対してマーケティングできるよう心がけていきましょう。

 そうしていくことで、広告主があらかじめ設定したキーワードがGoogle検索エンジンで検索された際に、上部に広告が表示・配信される仕組みのことを指します。皆さんのも検索した時にうっすらグレーの文字で(広告)と書かれたぺージを目にしたことがある人は多いと思います。

 そうして表示された広告ページに、ユーザーが興味を持ち、クリックして商品を購入することがあればこの広告は成功だった、ということになります。

 この中で重要なのが、ターゲット地域の設定です。地域密着のお店の広告が、全国に向けて撃たれてしまえば、大多数にとっては関係ない話ですので、非常に無駄の多い話です。勿論、ブランド認知という点では有用ではありますが、そうした費用対効果を度外視した広告を打つのはかなり危険であると言えます。

 商品の広告効果に加えて、ブランドイメージの向上を図るのも広告に託された大きな役割のひとつであります。それに有効なのがディスプレイ広告での広告戦略の強化であります。ディスプレイ広告はその特性上、画像や動画によって企業イメージを一番マーケティングしやすい形態であります。

 広告を作って、常に競争の激しいWEB広告界で生き残る広告にするには、つねに広告の最適化を図ってゆかなければなりません。かといって、常に1番である必要はなく、それ以下の方がクリック単価が低く設定されていることもあるので、そうした戦略の下で広告を打つ、ということが肝要です。自分で狙った位置に広告を置き、狙た効果を出せるようにしましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。

最後までご覧いただきありがとうございました。