Shirofune(シロフネ)とは、広告運用を自動化できるツールのことです。手動による広告運用に比べて、作業時間を減らすことができ、CV数も増やせるといった効果があることで知られています。

この記事では、企業のデジタル広告の担当者に向けて、Shirofuneの特徴や評判、料金について詳しく解説します。広告運用の手間で悩んでいる、ツールで効率よく運用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Shirofune(シロフネ)の3つの特徴

Shirofune(シロフネ)は、Google・Yahoo!・Facebookにおけるデジタル広告の運用を自動化できるツールです。ここでは、Shirofuneが持つ3つの特徴について話していきます。

1.デジタル広告を自動で最適化するツール

デジタル広告に必要な作業を自動で最適化できるのがShirofuneです。クラウド型の分析ツールで、アカウント登録をすれば利用開始です。

デジタル広告で効果を出すためには、予算管理から入札の最適化、広告効果の可視化や分析など、やるべきことは多岐にわたります。

これらをすべて手作業で行うと、何時間もの作業時間が必要になります。広告運用にこれだけの時間をかけるのは、ほかの業務にも影響が出るので現実的ではありません。Shirofuneは自動化により、1日10分の作業で広告の効果を検証します。

2.効果のあるキーワードを提案してくれる

Shirofuneには、デジタル広告が未経験の人でも簡単に運用できるように、キーワードなどの提案機能も備わっています。

デジタル広告の初心者にとって、成果を出せるようなキーワードの選定は難易度が高いでしょう。すべて自分で考えて作業するには手間もかかり、時間もかかります。

Shirofuneを活用すれば、効果が得られそうなキーワードをあらかじめ選べられるのが特徴です。利用者は選択肢の中から選ぶだけで、誰でも使いこなすことができます。キーワードはShirofuneが提案してくれるものを選ぶだけでなく、自分で選んだキーワードを追加することも可能です。

3.広告の分析レポートを表示・出力できる

広告の成果を報告する際、必要になるのが分析レポートの作成です。通常であれば一日がかりで作業をしなければなりませんが、Shirofuneは自動で作成します。レポートはExcelで出力も可能なので、ほかの資料などとまとめて報告したり、自社のデータとして保存したりする際も便利です。

さっそくShirofuneを使ってみよう

Marketing Bank限定で通常2ヶ月無料のshirofuneが3ヶ月無料になるキャンペーンコードを提供します【Marketinb Bank限定の更に1ヶ月無料コード】

9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

【登録はこちらのURLからどうぞ】

https://admin.shirofune.com/signup

Shirofune(シロフネ)の評判

Shirofuneの導入を検討している方の中には、評判が気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは実際に利用している企業からの評判を紹介します。

運送会社の担当者の声

利用を開始した初月で問い合わせの件数が1.5倍に増加しました。正直、広告運用ツールでこれほどまでに変わると思っていなかったのでびっくりしています。

また、自社ではサポートプランを使っていますが、担当者からの充実したサポートが受けられ、未経験でも簡単に操作できるので安心です。また、知識がなくても内製化できているのはコスト削減にもつながる嬉しいポイントです。

食品メーカーの担当者の声

手間をかけずに運用できること、サポート体制が充実している点はShirofuneの魅力だと感じています。導入前は、成果のチェックや操作をするだけでも時間がかかっていました。現在は全く時間がかかりませんし、自動化されているので確認も週に1回だけです。

また、初心者でもどのように改善するべきか担当者が親身になって相談に乗ってくれます。そのおかげで安心感があり、成果も出せているので満足です。

広告代理店の担当者の声

社内での運用業務が安定しています。以前までは予算消化や入札の部分でヒューマンエラーが起きていました。導入後はこのようなトラブルも少なくなりホッとしています。

また、社員育成の部分でも助かっています。以前までは膨大な作業量で新卒や中途の社員が業務を覚えるまでに1年ほど必要でした。しかし、Shirofuneを導入してからはシンプルでわかりやすい機能なので、すぐに独り立ちして業務をこなせるようになっています。

さっそくShirofuneを使ってみよう

Marketing Bank限定で通常2ヶ月無料のshirofuneが3ヶ月無料になるキャンペーンコードを提供します【Marketinb Bank限定の更に1ヶ月無料コード】

9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

【登録はこちらのURLからどうぞ】

https://admin.shirofune.com/signup

Shirofune(シロフネ)の料金

Shirofuneの料金プランは大きく分けて2種類あります。導入するにあたって利用料金は気になるポイントです。ここでは2つの料金プランについて解説します。

セルフプラン

セルフプランとは、すでにデジタル広告の運用をしており、知識のある方におすすめの運用プランです。

ツール利用料は「月額広告費×5%=利用料」です。また、最低利用料金もあり、25,000円から導入が可能になります。

セルフプランは経験者向けではありますが、2ヶ月間の無料トライアルが設けられています。また、最低契約期間もないため、まずは無料で実際に操作してみたい方にもおすすめです。

サポートプラン

サポート付きで自社運用ができるプランです。広告運用のプロが専任でサポートしてくれるので、未経験者でも気軽に始められるのが特徴です。

料金は「月額広告費×5%+サポート料月額10万円=利用料」です。

サポート料には、専任担当者による月1回のオンラインサポートが含まれています。たとえば、実績レビューや改善方針などの提案をしてもらえるので、未経験者がセルフプランを選ぶよりも成果を出しやすいといえるでしょう。ある程度の予算はかけられるものの、デジタル広告の知識が全くなく、1から始めるという場合はサポートプランが適しています。

さっそくShirofuneを使ってみよう

Marketing Bank限定で通常2ヶ月無料のshirofuneが3ヶ月無料になるキャンペーンコードを提供します【Marketinb Bank限定の更に1ヶ月無料コード】

9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

【登録はこちらのURLからどうぞ】

https://admin.shirofune.com/signup

デジタル広告の選び方

デジタル広告で成果を出すためには、自社に合う広告を選ばなくてはなりません。実際に何を選ぶべきか悩んでいる方のために、ここでは選び方のポイントを3つに分けて紹介します。

1.デジタル広告の種類と特徴で選ぶ

デジタル広告は主に9つの種類にわけられます。広告の種類で選ぶには、それぞれに異なる特徴やメリット・デメリットを見極めてから選ぶとよいでしょう。

自社の広告出稿の目的が顕在層へのアプローチなのか、潜在層へのアプローチなのか、ターゲットは若年層かビジネス層かによって、選ぶべき広告の種類は変わります。

リスティング広告

「検索連動型広告」とも呼ばれるデジタル広告で、ユーザーが検索エンジンで調べたキーワードに連動して表示されるのが特徴です。あらかじめ調べたいキーワードが決まっているユーザーへアプローチするので、コンバージョン率が高めなのがメリットです。自社の商品やサービスに関連したキーワードを設定するのがポイントです。

ShirofuneはGoogle広告とYahoo!広告のリスティング広告に対応しています。

バナー広告

「純広告」とも呼ばれるデジタル広告で、Webサイトの広告枠を一定期間買い取って広告を掲載します。人気のWebサイトに出稿すれば、それだけ大勢のユーザーに広告を見てもらえるでしょう。ターゲティングはできませんが、自社の商品やサービスに関心がないユーザーにアプローチできるのがメリットです。

アドネットワーク

Webサイトやブログ、アプリなど複数の媒体に一括して掲載する方法です。媒体ごとに出稿する手間がなく、管理も一元化できるのがメリットです。ただし、出稿側が媒体を選べないので、自社がターゲットとしていないユーザーにも配信される可能性があります。

Shirofuneも複数の広告媒体を一括管理できる機能があります。導入の際はこれらの特徴を踏まえたうえで利用してみるとよいでしょう。

リターゲティング広告

Webサイトにアクセスしたユーザーが、サイトを離脱したあとも追跡して広告を表示するデジタル広告です。Google広告では「リマーケティング広告」、Yahoo!広告では「リターゲティング広告」と呼ばれています。自社の商品やサービスに関心があるユーザーへ、複数回にわたりアプローチできるのがメリットですが、何度も表示することでストレスを与える可能性もあります。

アフィリエイト広告

個人や企業のWebサイトやブログに、自社の広告を掲載してもらうデジタル広告です。広告からコンバージョンに至った場合、広告を出稿した企業はアフィリエイターへ報酬を支払います。アフィリエイターたちが宣伝をしてくれるので、コンバージョン率が高く、費用対効果もよいのがメリットです。ただし、自社の意に沿わないWebサイトに掲載される可能性もあります。

ネイティブ広告

「記事広告」とも呼ばれるデジタル広告で、Webサイトの通常のコンテンツと同じように掲載する広告です。サイトやコンテンツに自然に馴染むように表示されるので、ユーザーにストレスを与えにくいのが特徴です。コンテンツの形式にあわせてクリエイティブを制作するので、手間やコストがかかる面もあります。

SNS広告

TwitterやFacebook、InstagramなどSNSに掲載するデジタル広告です。タイムラインなどに表示され、通常の投稿と同じように、いいねやリツイートができるのが特徴です。広告が注目されるとフォロワーに拡散され、一気に広まるのがメリットです。

各SNSにもユーザー層に特徴があるので、見極めながら出稿することがポイントです。ShirofuneはFacebook広告、Instagram広告に対応しています。

動画広告

動画で宣伝するデジタル広告です。YouTubeやNewsTVなどで動画を再生した前や途中に流れる広告です。動画の長さは数秒から数分と幅があり、広告の途中でスキップできるものとできないものがあります。画像やテキストだけでなく、音や動きでアプローチできるのがメリットです。クリエイティブには一定以上のクオリティが求められるため、制作費やリソースがかかります。

2.自社の広告出稿の目的で選ぶ

自社がデジタル広告を出稿する目的で選びます。デジタル広告を出稿すること自体が目的になっていないかを振り返り、出稿して何を得たいのかを明確にしましょう。

たとえば、自社の商品やサービスを多くの人たちに認知してもらうことが目的なら、拡散能力が高い広告を選びます。拡散する機能があるSNS広告なら、認知してもらえる可能性も高くなります。逆にテキスト広告などは、目立ちにくいので広く認知してもらうのは難しいでしょう。

目的に合っていないものを選んでしまうと、広告費だけが膨らんでいき、成果が出ないといったことにもなります。せっかく始めるなら目的に沿った広告を選んで、確実に効果を上げましょう。

3.自社が設定したターゲットで選ぶ

デジタル広告において、ターゲットの選定はとても大切なポイントになります。自社の広告に興味のないユーザーに発信をしても効果は得られません。

デジタル広告はターゲティングを細かく設定できるのも特徴の1つです。必要に感じているユーザーにピンポイントで情報を伝えられるよう、ユーザーの年齢や性別、職業、抱えているニーズなどを明確にして、ターゲティングを設定しましょう。

ターゲットが明確になったら、それにマッチングする特徴を持つデジタル広告を選びます。Shirofuneでは、ターゲットを選ぶだけで広告を自動作成する機能があります。

さっそくShirofuneを使ってみよう

Marketing Bank限定で通常2ヶ月無料のshirofuneが3ヶ月無料になるキャンペーンコードを提供します【Marketinb Bank限定の更に1ヶ月無料コード】

9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

【登録はこちらのURLからどうぞ】

https://admin.shirofune.com/signup

まとめ

Shirofuneは広告運用を自動化できる、クラウド型のツールです。デジタル広告を一括管理でき、これまで手動で管理していた部分のリソースを軽減できるのが魅力です。

数ある広告運用ツールの中で、評価が高いShirofuneですが、目的に合った成果を出すためにはデジタル広告の選び方も重要です。デジタル広告の出稿やツールを導入する前に、広告出稿の目的や自社が求めるターゲットを明確にすることが大切です。

さっそくShirofuneを使ってみよう

Marketing Bank限定で通常2ヶ月無料のshirofuneが3ヶ月無料になるキャンペーンコードを提供します【Marketinb Bank限定の更に1ヶ月無料コード】

9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

【登録はこちらのURLからどうぞ】

https://admin.shirofune.com/signup