「広告ツール連携」と聞くとなんとなくイメージはわくものの、そのやり方まで完全に理解している方は少ないのではないでしょうか?

ここではGoogle広告との連携の特徴とそのやり方についてご紹介します。

広告ツールの連携とは何か?

最初に、「広告ツール連携」とは何かについてご紹介しましょう。

「広告ツール連携」とは、これまでの顧客管理(CRM)を通して蓄積してきたデータをGoogleやYahoo!などの検索エンジンや 連携することで広告を配信しようというサービスを指します。

従来ならば別の部署が担当、または別物と考えられてきた顧客管理と広告を連携することで、さらなる相乗効果を目指そうという考え方です。

広告ツール連携のやり方

それでは具体的には広告連携とはどのようなやり方なのでしょうか?ここではGoogle広告との連携を例にとってご紹介します。

Google広告とのアナリティクスとの連携

Google広告ってなんとなく、聞き慣れないと思いませんか?実は旧名を「Google Adwords」といい、2018年に改名されたのです。Google Adwordsが親しみあっただけに、「Google広告」ではイメージが沸かないと言われる方もおられるかも知れません。

Google広告の管理画面を見ると、自社サイトのクリック数やCV数、広告の表示された回数、コンバージョンなどが数値化されています。

一方でアナリティクスとは、Google提供の「アクセス解析ツール」で無料でありながら、ユーザーのサイト内での行動などが見ることができてとても高機能なので、Webサイト運営をしているなら必須のツールだと言われています。具体的には、サイトの訪問数から、ユーザーのデバイス、どこから来たユーザーなのかという項目を見ることができます。

この2つのツールを「連携」させることで、いままで2つのツールを使い分けていたのがより視覚的にもスムーズに見ることができます。さらに、どちらも単体ではわからなかった、ユーザーのサイト内での行動を一貫して見ることが出来るようになります。どちらもGoogle提供のツールだからこそ連携ができるのですね。そのやり方は簡単でアナリティクス側の「集客」タブの「広告(旧AdWords)」を押すことで連携が完了します。

例えばユーザーにスマホを使っている人が多いというのは、アナリティクスでないとわかりませんが、これをGoogle広告の管理画面で見ることで、スマホ用のサイトに最適化する必要があることがわかったりするのでとても便利です。

また、ユーザーの直帰率や、1訪問あたりのページビューなどは連携しないとわからない数字です。

GoogleマイビジネスとGoogle広告の連携

またGoogle広告は、同じくGoogleマイビジネスとも連携できます。

Googleマイビジネスとは、企業の名称や住所、電話番号などを登録するだけで、検索結果画面の右側(ナレッジパネル)で、企業名を表示させるサービスを指します。

右側に大きく縦に表示されるので、とても目立ちますよね。これをGoogle広告と連携させることで、Google広告で会社の住所や地図、電話番号などを広告に表示させることができるのです。

しかし、設定すれば必ず表示されるということは約束されておらず、ユーザーが近くにいる場合、関心を示している場合にはYouTube動画広告やGoogle検索ネットワークなどに表示されるという面白い一面もあります。

Googleマイビジネスへの登録が済んだら、Google広告の管理画面の「広告と広告表示オプション」画面で会社の名称や住所、電話番号を登録しましょう。

なお、Googleは2015年以降ほぼ毎月、このGoogleマイビジネスに新機能を追加しているように、Google側としてもこの「マイビジネス」に重要性を感じているようです。これからもますますいろいろなツールとの連携が考えられますね。

まとめ

ここでは広告ツールの代表であるGoogle広告とアナリティクス、そしてGoogle広告とマイビジネスの連携についてご紹介しました。

どちらもGoogleが提供するツールだからこそ連携が可能となっていると考えられますが、アナリティクスとの連携では単体ではわからなかったユーザーのサイト内での行動を一貫して見ることが出来るのが特徴として挙げられます。

またGoogle広告とマイビジネスとを連携することで、検索結果画面右のナレッジパネルに大きく会社の住所や電話番号を表示させることが出来る他、ユーザーが近くにいる場合や関心を示している場合にはYouTube動画やGoogle検索ネットワークに住所、電話番号を表示させることができるというユニークな機能があります。

Google側でもこの「マイビジネス」の機能更新が多いことから今後もますます期待されているツールだということがわかります。