レスポンシブ検索広告(RSA)とは、複数用意した広告見出しと説明文をページ閲覧しているユーザーに自動で関連性の高い組み合わせを表示してくれる広告メニューです。従来のABテストのような比較を手動で行う手法から解放され、Googleの機械学習によって自動でどのような広告が最適かを判断してくれます。

この記事では、企業でレスポンシブ検索広告の活用を検討している方に向けて、レスポンシブ検索広告の特徴やメリット・デメリットを解説します。広告を作成するときの注意点も解説するので、自社のデジタル広告の運用にお役立てください。

レスポンシブ検索広告(RSA)とは

レスポンシブ検索広告(RSA)とは、Google広告側で複数の見出しと説明文の組み合わせを調整してくれ、ページ閲覧者に関連性の高いメッセージが表示できる広告です。RSAはResponsive Search Adsの略称です。

事前に広告見出し、説明文と表示するURLを準備します。アセットとして、広告見出しと説明文は最大でそれぞれ15個、4つまで登録できます。その中で見出しと説明文はそれぞれ3つと2つが表示されます。その中からGoogle広告側が最適と判断した文をGoogleのアルゴリズムによりピックアップして配信されます。

デジタル広告は出稿媒体も入稿規定もさまざまです。複数のアセットを用意すると、どの画像とどのテキストを組み合わせる予定だったのかもわからなくなることもあります。設定を間違えると効果も得られず、効果測定もうまくかない場合もあります。

レスポンシブ検索広告は、Google側が自動で最適な組み合わせを調整してくれるだけでなく、広告の表示位置を固定することもできます。

レスポンシブ検索広告の効果

レスポンシブ検索広告は幅広く広告が表示できるという特徴があり、従来の方法では気がつかないようなターゲットにまでアプローチすることが期待できます。また、事前に表示される際に最適化が行われるため、クリック率が他の広告に比べて高くなる傾向があります。

レスポンシブディスプレイ広告とは

レスポンシブ検索広告に似たデジタル広告に、「レスポンシブディスプレイ広告(RDA)」というものがあります。レスポンシブディスプレイ広告は、1つのアセット(広告見出しや説明文、画像など)を設定するだけで、自動的に調整して出稿してくれるのが特徴です。

自動調整して出稿できるので、広告枠ごとに別々のクリエイティブを用意する必要がないのがメリットです。そのため、調整のためのリソースやコストもかかりません。

レスポンシブ検索広告とレスポンシブディスプレイ広告を合わせて「レスポンシブ広告」とカテゴライズするのが一般的です。

レスポンシブ検索広告のメリット

レスポンシブ検索広告は実際にどのようなメリットがあるのか、ここでは特徴的な3つのメリットについて解説していきます。

レスポンシブ対応された広告を自動で表示してくれる

現在では、同じページでもスマートフォン・タブレット・パソコンなど、さまざまな種類のデバイスから閲覧されます。そのため、画面幅などによってサイズが自動調整され、それぞれのデバイスで見やすい形式で表示される、レスポンシブ対応がされているページも多いです。

レスポンシブ対応をしているページのほうが閲覧者に好まれ、レスポンシブ検索広告はこれを自動で行ってくれます。そのため、広告の視認性が向上し、ユーザーにストレスのない状態で表示されるので、クリックがされやすくなっています。

関連性の高い広告文を自動で判断してくれる

Googleのアルゴリズム(機械学習)により、設定した見出しや説明文の中でユーザーにとって最も関連性の高い組み合わせを選んでくれます。わざわざ広告作成側が実際に比較するための検証配信などをする必要がありません。潜在的なターゲットにまで広告を届けてくれる可能性が高まるので、より高い広告の費用対効果を得られるでしょう。

広告の表示には該当ページのコンテンツや検索語句などを考慮し、掲載可能な広告のみが表示されるオークション形式が採用されています。各オークションには、広告ランクの下限値という最低限クリアしなければならない条件があります。

レスポンシブ検索広告では、設定できる広告の見出しや説明文が通常のテキスト広告よりも多いため、検索語句との一致率が高くなります。それにより、下限値を満たすオークションが増え、多くの広告が表示されることにつながるため、広いターゲットへのアプローチが期待できます。

レスポンシブ検索広告のデメリット

ここでは3つのデメリットを紹介していきます。対策すればどれも解消できる場合が多いため、取り組む前に必ず意識しておきましょう。また、適宜アップデートもあるため、規約なども定期的にチェックしておくことをおすすめします。

審査が通りにくい

通常のテキスト広告と比べ多くの見出しや説明文を設定できることは利点にもなりますが、その分審査落ちがしやすいという特徴もあります。審査が通らない代表的な例としては、主に2つあります。設定している広告の見出しが類似していることと、特定のキーワードが設定した説明文の中に3つ以上に使用されていることが挙げられます。

これは、バリエーションに富んだ見出しや説明文を自動で最適化してくれるレスポンシブ検索広告の特徴を捉えていないため、仮に審査が通ったとしても十分な効果は得られません。広告作成時に、訴求したいポイントの洗い出しやユーザーを再度絞り込むなど、レスポンシブ検索広告が持つ効果を最大限に活用できる文章を作成しましょう。

広告文の組み合わせで確認できる指標が少ない

広告を実際に打ち出した際に、広告によって売れたのか、売れなかったのか、どの文章が効果的だったのかなどを分析することは、次回以降の広告作成のために必要となります。通常の場合、複数の広告パターンを作成し、どの文章の訴求ポイントが高かったのか、などを細かに検証していきます。

レスポンシブ検索広告の場合、表示した組み合わせの内訳データは、インプレッション数のみ確認でき、その他のクリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)などは確認できません。全体的な実績が確認できるため、純粋に広告としての効果を期待する場合には有効ですが、訴求ポイントの違いなどをテストする目的で打ち出す場合は注意が必要です。

広告カスタマイザが使用できない

Google広告には、ユーザーの検索語句・場所・検索している時間などに合わせて表示するテキストを動的に変更できる、広告カスタマイザという機能があります。広告カスタマイザを利用すると、キーワードやユーザーが検索している時間に応じたカスタマイズが可能となります。

基本的にレスポンシブ検索広告の場合、広告カスタマイザは使用できませんが、最近のアップデートにより、地域の挿入機能が利用できるようになりました。これによって、ユーザーの地域や関心のある場所に応じたカスタマイズは可能になりました。

レスポンシブ検索広告を作成するときの注意点

実際に作成に取りかかる際、レスポンシブ検索広告にはおさえておくべき注意点があります。広告作成時に意識しておくことで、より高い効果を期待できるので、確認していきましょう。

拡張テキスト広告の入稿が必要

レスポンシブ検索広告を配信するには、拡張テキスト広告も設定しなければいけないという規定があります。Google広告は2つ以上の拡張テキスト広告を設定することが推奨されていますが、3つ以上設定しておくと安心でしょう。

レスポンシブ検索広告は一つの広告グループに一つのみ

入稿したとき、複数のレスポンシブ検索広告があると学習に必要なバリエーションのテストがうまく行われず、最適な組み合わせを見つける学習も遅くなってしまいます。学習を正しく行い適切なユーザーに届けてもらうようにするために、レスポンシブ検索広告は一つの広告グループにつき一つにしましょう。

文章の多様性を意識する

デメリットの部分でも触れましたが、作成した見出しが似てしまっている場合、十分な効果が期待できないため、文章のバリエーションは多ければ多いほど好ましいです。自社のもつ強みを多角的に表現し、見出しの文章の長さなどもメリハリをつけることで、より効果的なテストをしてくれるようになります。

「広告の有効性」は「良好」以上か

広告の入稿中画面に「広告の有効性」という指標があります。この指標は、作成している広告がどの程度有効なのかを示してくれ、リアルタイムで変化していきます。実際にアドバイスなども書かれているため、これを目安として「良好」から「最適」のレベルを目指してパターンを変えてみましょう。

異なる見出しは8個以上作成する

Google広告は8個以上の広告見出しを作成することをすすめています。バリエーションが増えるだけでなく、関連性を高めることにもつながります。理想としては、最大の15個すべてを使えるように準備するとよいでしょう。

まとめ

この記事では、レスポンシブ検索広告について解説してきました。レスポンシブ広告は見出しと説明文をGoogle側で調整してくれるデジタル広告です。

自動的に最適な広告が配信されるメリットがありますが、作成時に気をつけなければならないポイントもあります。従来のような広告配信にかかる工数や時間が長くなる場合もあります。

しかし、従来の方法では発見できないような新たなターゲットにまで広告を届けられることが魅力です。今回の内容を参考にレスポンシブ検索広告を活用して、ぜひ広告配信をしてみてはいかがでしょうか。