ユーザーが検索した内容に連動して広告を表示させるリスティング広告は、アクセス数が増加する効果が期待できるため、現在主流のマーケティング方法です。商品やサービスを開発したときにはリスティング広告を配信したいところですが、知識がいるため、運用してすぐに効果を上げることは難しいものがあります。

そこで活用したいのが広告代理店です。実際に代理店に依頼するには、どのようにしたらよいのでしょうか。

この記事では、自力で運用するのは難しいという方に向けて、代理店を利用するメリット・デメリットを解説します。代理店の選び方のコツも紹介しますので、参考にしてください。

リスティング広告代理店とは?

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンであるGoogleやYahoo!JAPANで検索を行い、その検索内容に連動して表示される広告のことです。

リスティング広告を配信するためには、アカウントの設定や広告文の作成、予算の決定などさまざまなことを戦略的に運用する必要があります。このようなリスティング広告まわりの運用に関するさまざまな業務を広告主に代わってしてくれるのが、リスティング広告代理店です。

リスティング広告代理店を利用するメリット

リスティング広告は、ユーザーに自社のWebサイトにアクセスして興味を持ってもらうために重要な広告です。そのため、できるだけユーザーの興味を惹くものを制作する必要があります。

自社で対応するのが難しい場合は、リスティング広告代理店に依頼してみましょう。以下では、代理店を利用するメリットを紹介します。

リスティング広告の知識不要で広告が出せる

リスティング広告の専任者がいない場合は、試行錯誤を繰り返しつつ最適解を見つけていく必要がありますが、それでは結果が出るまでに時間も手間もかかってしまいます。

そこで、代理店を利用することで、リスティング広告の知識がなくても広告を配信できることがメリットの一つです。

リスティング広告代理店を利用すれば、リスティング広告に精通した社員が代わりに運用を行ってくれます。空いた時間で商品の価値を上げたり、サービスを向上させることで、相乗効果を生むこともできます。

自社のリソースが不足している、人材を育成する時間やコストがないという企業にはメリットでしょう。 

リスティング広告に関する最新の情報が入手できる

広告代理店にはこれまで培ってきた独自のノウハウが蓄積されています。さまざまなクライアントと情報交換をすることで、リスティング広告に関する最新の情報を入手し、広告の成果を上げているのです。代理店を活用することで、代理店が持つ最新情報を入手することができます。

リスティング広告をはじめとしたデジタル広告の世界は、仕様や設定がめまぐるしく変わります。これらをすべて把握するにはリソースもコストもかかります。代理店に依頼すれば、こういった情報収集も任せられるでしょう。

またGoogleやYahoo!の認定試験に合格すると、認定代理店になってβ版機能が利用できたり、認定代理店限定のイベントへ参加することもできます。代理店は、常にリスティング広告の最先端の情報を手に入れて運用を行っているのです。

Webサイトの制作やSEOなどの業務も依頼可能

リスティング広告と両輪で活用したいのがSEOです。広告代理店によっては、マーケティングをしていく上で必要不可欠なWebサイトの制作やSEO対策の業務なども依頼できることがあります。

リスティング広告代理店を利用するデメリット

代理店を利用することで、リスティング広告の知識がなくても運用できるなど、さまざまなメリットがあります。しかし一方で、代理店を利用することで発生するデメリットもあります。

担当者のスキルがわからず、広告主のビジネスや業界に精通していない可能性もある

リスティング広告の代行を依頼する以上、運用成果を上げてほしいのは当然ですが、運用成績は担当者によっても左右されるところがあります。しかし、事前に担当者のスキルを把握することはできません。この点はデメリットといえます。

また、担当者によっては、リスティング広告の運用はできても広告主のビジネスや業界に精通していない可能性もあります。よく知らないものを魅力的に伝えることは相当難しいため、同業他社の方に顧客を取られてしまう恐れもあります。

知識が身につかないため再現性がない

先ほど、代理店に任せることで知識がなくても広告の配信が行えるというメリットを紹介しましたが、代理店に任せると、広告主が広告に関する知識を身につける機会が減少します。

また、広告のアカウントが閲覧できない代理店もあります。この点も、代理店に依頼するデメリットの一つです。

ただし、代理店によっては質問に答えてくれたり、広告のアカウントを共有してくれるとこともあります。

運用手数料がかかる

当然ですが、代理店に依頼したときは運用手数料がかかります。運用手数料の相場は広告費の約20%が目安となっており、決して安くはありません。その他の詳しい運用手数料は以下で紹介します。

リスティング広告代理店の運用手数料

デメリットでも紹介しましたが、代理店に広告の運用を依頼すると運用手数料が発生します。運用手数料は代理店やサービス内容、広告費に応じて変化します。手数料が高いほうが必ずしもいい結果を出すとは限りませんが、サービス内容に差はつきます。以下で料金体系について紹介します。

固定金額制

固定金額制は広告費に関係なく、代理店の裁量によって手数料が変化する仕組みで、1万円~15万円程度の運用手数料で請け負ってくれる代理店が多いようです。広告費が安くなるほど運用手数料の比率は高くなるので、広告費が高くなりそうな広告主は固定金額制がおすすめです。

料率変動制

料金変動制は、広告費にかかる料金によって手数料が変化します。代理店によって手数料率は変動しますが、相場は20%です。

中には手数料率が10%で請け負う代理店もありますが、その分提供されるサービスに物足りなさがでてくることもありますので、自分に合った内容の代理店を探しましょう。

手数料の相場からある程度の金額を予想できるため、広告費に割く予算を決めている広告主は、料金変動制を採用している代理店がおすすめです。

テーブル制

テーブル制は、広告費がかかる料金によって手数料率が変動する制度です。例えば100万円未満までは手数料率が25%、300万円未満までは20%、300万円以上なら10%など、段階ごとに手数料率が変化します。

仮に400万円の広告費の場合、400万円×10%=40万円となるのではなく、100万円×25%+200万円×20%+100万円×10%=75万となります。

成果型報酬制

成果型報酬制は、代理店の成果によって手数料が発生する仕組みで、コンバージョン(商品購入や資料請求など広告を配信する目的)数×単価で手数料が決まります。単価は代理店によって変化します。

リスティング広告代理店選びのポイント

リスティング広告の代理店を利用すると時間短縮になるというメリットがあります。一方で、知識やノウハウが手に入りにくいというデメリットもあります。少しでもデメリットを減らせるように、代理店の選び方のポイントを紹介します。

人気のある代理店を安易に選ばない

代理店によって、担当者が担当している案件の数は違います。担当者数が多い方が人気があって実力もあると思いやすいところですが、必ずしも担当者数が多いほうがよいとは言い切れません。

担当者数が多いと、一人に割く時間が短くなります。そうすると、急に施策が変わったときなどにすぐに対応するのが難しいなど、細やかな運用をしてもらえない可能性があります。

これは代理店に対しても言えることなので、評判が良いところにするのではなく、自社の施策に十分対応してくれる代理店を選ぶようにしましょう。

担当者の確認を行う

リスティング広告の代理店は広告運用で秀でていたとしても、必ずしも依頼者のビジネスや業界に詳しいわけではありません。もちろん、既に経験済みや同じ業界で勤務経験があるなど、依頼主よりも詳しい可能性もありますので、その辺りは事前に確認するといいでしょう。

担当者を確認したら、その担当者が現状で広告を運用している数も確認しましょう。担当者数が多すぎると、一つに割く時間が限られて満足のいく運用結果が得られない可能性があります。

契約期間の詳細や予算額を調べる

リスティング広告は効果が出るまでに時間がかかりますので、大半の代理店が安定的な成果を出せるよう、ある程度長い契約期間を設定しています。

契約期間中に解約すると違約金が発生する・そもそも途中解約そのものができないなど、解約したいときに費用が掛かりますので、途中解約が可能かどうか、事前に調べておくことが大切です。

アカウントの共有ができるか

費用を支払って代理店に運用を任せることで、広告主に知識がなくてもリスティング広告の配信が可能です。

ただ、代理店の中ではノウハウの流出を防ぐためにアカウントの開示を拒否する代理店もあります。運用方法が分からなければ、Webサイトで広告の配信が思うようにできませんし、うまくいかなかったときに自分で原因を分析し、改善策を採ることができません。

できるかぎり広告運用の情報を共有するためにも、広告アカウントの開示ができるかどうか調べておきましょう。

まとめ

リスティング広告の知識がなくても広告配信を行ってくれるのが、代理店の魅力です。しかし、今後もリスティング広告を活用したい方や今後の広告費用を抑えたい方などは、ある程度情報を共有してくれる代理店の方が適しているかもしれません。自身の目的に応じて、代理店を探してみてください。