GoogleやYahoo!などを使って調べものをするとき、検索結果の上部に表示される広告があります。これをリスティング広告といいます。リスティング広告はWeb広告の中でもよく使われる形態で、さまざまな企業やお店などがリスティング広告を活用しています。

この記事では、リスティング広告はどのような広告なのか、どのくらいの費用がかかるのかについて解説します。

実は、リスティング広告は使い方次第では、ほとんど宣伝費をかけることなく商品の宣伝が出来るようになるのです。リスティング広告の費用を安く抑える方法についてもご紹介します。

リスティング広告とは

リスティング広告は、検索結果の画面で表示される広告のことです。インターネットで何か検索をした時に、上部に「広告」と表示された記事が出てきますが、それがリスティング広告です。

通常の検索結果と同じように表示されるので、ユーザーは一目見ただけでは広告とわかりにくのが特徴です。

キーワードに連動して表示されるので、すでにキーワードに関する商品やサービスに興味をもったユーザーに表示できます。そのため、コンバージョンに至りやすいといったメリットがあります。ただし、キーワードを入力されない限り、ユーザーには表示されないため、自社のことを知らないユーザーにアプローチしづらいといった面もあります。

リスティング広告をクリックすると、自社のWebサイトやECページに移動します。SEO対策によってサイトを検索上位に表示させることもできますが、時間と手間が膨大にかかります。その点、リスティング広告を使えば、すぐに任意のWebサイトを上位に表示させることができます。

その代わり、リスティング広告を始める前には、売上に繋がるようなWebサイトを用意しておくことが重要です。

リスティング広告の課金方式

リスティング広告は、クリックされるたびに課金される仕組みです。検索結果で表示されたサイトを見られただけでは、広告費は発生しません。

この課金方式を逆手にとって利用することもできます。広告文を使って商品をアピールすることに重点をおくのです。例えば、「〇〇(検索キーワード)と言えば〇〇(商品名)」などのタイトルのWebサイトにしておけば、タイトルが表示されただけでも商品名が表示されるため、宣伝になります。

本当にその商品を購入したい人だけがクリックするような仕組みを構築できれば、費用対効果は非常に高いものとなります。

リスティング広告の予算

リスティング広告の予算ですが、クリックされるたびに課金されるため、現時点ではトータルで大体30万円前後かけないと効果が少ないと言われています。

もちろんもっと安く抑えることもできますが、あまり少ない予算では宣伝効果が実感できないかもしれません。費用対効果がよくなってくるのが30万円前後からというわけです。

SNSなどからサイトに大勢流入してくると、リスティング広告を出さなくても人気サイトとなり、検索結果の上位に表示されやすくなります。そのため、お金をかけてWebサイトに人を呼び込み、訪れた人がさらにSNSなどで広めてくれれば、どんどん効果が大きくなります。

リスティング広告の費用の決め方

リスティング広告の費用は、キーワードに対する競争入札という仕組みです。例えば「お菓子」というキーワードの検索結果で上位に持っていきたいとします。

そのときにまず決めることは、クリック単価の予算です。Googleのキーワードプランナーを使うと、1クリックあたりの大体の相場が表示されるのでそちらを参考にすると良いでしょう。

もちろん「お菓子」というキーワードを設定しているところは他にもあるので、このクリック単価が高い順に表示されていくというわけです。これが「競争入札」です。

実際にはクリック単価のほか、広告内部のクオリティーも考慮されて順位が決まっていきます。入札方式なので、上限なくどんどん上がっていく可能性もあれば、安く済む場合もあります。

成果の目標から決める

リスティング広告の費用の決め方ですが、どれくらい成果を出すのを目標にしてから費用を決めるのもひとつの方法です。

例えばある商品を100個売りたいという目標を立てた場合、少なくとも100以上はクリックされなければなりません。もちろんクリックした人が全て商品を購入するわけではないため、100クリックでは足りず、さらに上積みしなければなりません。

商品の値段も大事で、値段が安いものであれば簡単に買ってくれるかもしれませんが、高価な物だとあまり買ってくれません。購買意欲をそそるような内容なのかどうかによっても変わってきます。このような事を総合的に考えて決める必要があります。

クリック単価から決める

多くの人にWebサイトに訪れて欲しい時は、クリック単価から決めるとよいでしょう。リスティング広告はキーワードの入札制なので、安く入札できるキーワードが見つかれば、クリック単価を抑えることができます。

クリック単価が安い方が予算内でクリックされる回数は多くなり、単価が高ければその逆になります。この仕組みを利用して、あまり検索されないキーワードを安く入札して、クリック単価を安く抑える戦略も可能です。

このように、クリック単価が高くなっても構わないから多くの人が検索するキーワードにするか、穴場の安いキーワードを狙っていくかは重要な判断です。

LTV(ライフタイムバリュー)から決める

LTVは、顧客生産価値とも呼ばれています。1人の顧客がどのくらい会社に利益をもたらしてくれるかを数値化したものです。例えばリスティング広告で扱う商品の値段が100円だったとしても、それを気に入ったユーザーが100回購入してくれたとしたら、このユーザーのLTVは10,000円となります。

利益に対して広告費が多い場合でも、LTVが高ければ長期的に見たときの広告費は安く済むことも多く、安定した売り上げも期待できます。

LTVを増やすためには、その会社の製品を気に入ってくれて、何度も購入してくれそうなユーザーはどのようなキーワードで検索しているのかなどを考える必要があります。

損益分岐点から決める

1,000円で作った商品を11,000円で売れば10,000円の利益になります。開発に100万円かかったとすると、10,000円の利益がある商品を100個売れれば、それ以降は黒字ということになります。この「これ以上は黒字になる」という分岐点のことを、「損益分岐点」と言います。

リスティング広告の場合、最低でも1クリックされなければ商品は売れません。11,000円の商品につき、商品を1つ売るための宣伝費が10,000円以上かかったとしたら、売り上げは全く出ないということになります。

ただ、LTVがよい商品であれば、最初は赤字覚悟で始めるという考え方も有効です。

現在の売り上げから決める

既存の商品で現在の売り上げが分かっているものについては、広告予算も決めやすいものです。ちなみに、広告予算は一般的に、商品の売上に対して5%から10%がよいとされています。

つまり、100万円の売上が見込める商品であれば、10万円までは宣伝費として使ってもよいということです。そこで、10万円を上限にしてクリック単価の高いキーワードで一気に宣伝するか、クリック単価の安いキーワードでコツコツ宣伝していくか、あるいはその中間にするかを決めることになります。

リスティング広告の費用を抑えるコツ

リスティング広告の費用を抑えるコツは、キーワードの選定です。例えば、売りたい商品があるときには、その商品を好きそうな人が検索すると思われる検索ワードをキーワードとして設定します。このとき、誰もがイメージするキーワードだと競争も激しいわけです。

そのため、あまり気が付かれていない穴場のキーワードを見つけることができるとリスティング広告の費用は抑えられます。また、リスティング広告をしながらもSEO対策もやっていくとよいでしょう。

リスティング広告に取り組むと、実際にどんなキーワードでどれくらいの人がアクセスしているのかが分かるため、SEO対策をする上で参考になります。また、SEO対策で検索結果の上位に表示されるようになれば広告費はかかりません。

さらに多くの人がサイトに訪れることでサイトに対するGoogleの評価も上がっていくので、ある程度多くの人が訪れるようになったら、広告をやめてSEO対策のみで検索上位を目指してもよいでしょう。

なお、SEOはリスティング広告に比べて即効性のある対策ではありません。効果が出るには早くて数カ月~半年程度かかります。

リスティング広告を外した途端に、検索しても現れなくなり、売り上げも落ちたということであれば、再びリスティング広告にして研究してみてもよいでしょう。

まとめ

今回は、リスティング広告についてご紹介しました。

リスティング広告は、検索結果で上位に表示させるための広告です。実際にリスティング広告を活用して高い効果を上げている広告主はたくさんあります。

しかし、Googleで検索した時に上位に表示されるのは広告ばかりではありません。最終的にはSEO対策で上位に表示される事を目指すべきですが、SEO対策のひとつである「訪問者を増やす」という結果を出すためにもリスティング広告は最適です。

よくお金に余裕がないという理由でリスティング広告をせずSEO対策のみを行う人もいますが、お金がなくて知名度がない時ほど、リスティングを積極的に活用することをお勧めします。本当に良い商品であれば、宣伝しなくてもどんどん広がっていくので、リスティング広告を起爆剤として利用するやり方もおすすめです。