リスティング広告をご存知ですか?リスティング広告は、webマーケティングを行う上では自社商品やサービスをアピールするためのツールとして多くの企業が利用しています。

今回は、これからリスティング広告を運用したいと考えている人、初めて挑戦しようとする初心者が最低限身に付けておきたい必要な基礎知識を詳しくまとめてみました。

リスティング広告とは

リスティング広告は、Yahoo広告とGoogle広告の検索画面に表示されるクリック課金制の広告です。

「検索連動広告」ともいわれるもので、ユーザーが検索した検索結果に連動して適切な広告を表示させるという特徴を持っています。

表示される広告はすべてテキストのみとなっており、「広告見出し、リンク先URL、説明文」の3つの要素で構成されています。

それぞれに表示可能な文字数は制限されていますが、リンク先や表示文字は自由に設定することができます。

リスティング広告で何ができるのか

Webマーケティングとしてはとても重要な役割を果たすツールであるため、多くの企業がリスティング広告を使用したマーケティングを行っています。

リスティング広告の大きな特徴としては、「自然検索」よりも上の領域に表示されるため、ユーザーの目につきやすいというメリットがあります。

ユーザーが何らかのキーワードで検索し、それにあわせた広告が表示されるので、商品やサービスに対して関心の高いユーザーにのみピンポイントでアピールすることができるため、リスティング広告が成功すれば、コンバージョン率の向上にも役立てることが可能です。

リスティング広告にかかる費用

上記にも述べたとおり、リスティング広告はクリック課金制の広告です。1回ごとのクリックで料金が発生する仕組みになっているので、表示されているだけでは料金はかかりません。

低予算で始められる反面、たくさんのリスティング広告の中で上位に表示させるには、入札価格に左右させることになります。一般的な相場として、1ヶ月20万〜30万程度の予算は見込んでおくのが良いでしょう。

具体的な数字は、Googleやyahooが提供している予算策定ツールを利用してクリック単価を算出し、予算を出してみるものおすすめです。

リスティング広告を成功させるためのキーワード設定のコツ

リスティング広告では、検索時に入力される「キーワード」が大きなポイント。どんなキーワード選定をするかによってリスティング広告の利用頻度が左右されます。

リスティング広告のキーワード選定の基本は、「複数のキーワードを設定してヌケモレをなくす」ことです。

キーワードを決めるときのポイントとしては、

1.主軸となるキーワードを決める

商品やサービスを一言で表すことができるキーワードを選びます。たとえば、オーガニックのドッグフードを売り出したい場合の主軸キーワードとするなら「ペットフード」や、「ドックフード」といったものが主軸となるわけです。

売り出したい商品がどんなカテゴリに分類分けされるのかを考えてみると、選びやすくなります。

2.キーワードプランナーを活用する

Googleアカウントを持っているならGoogleの管理画面からすぐに利用可能な「キーワードプランナー」を利用するのも良いでしょう。

キーワードプランナーを利用すると、効果的な商品やサービスのキーワード候補がわかります。

キーワードに迷ったらぜひ活用してみましょう。

3.マッチタイプを決める

リスティング広告のキーワードには、「ドッグフード オーガニック」や「ドッグフード 小型犬用」など、複数のキーワード設定が必要です。

入力されたキーワードを予測して、自社のリスティング広告が表示されやすくしておきましょう。マッチタイプには「部分一致」、「フレーズ一致」、「完全一致」などがあります。

## リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告を運用した際のメリットとデメリットは以下のようなものがあります。

メリット

・購買意欲が高いユーザーに対してピンポイントで直接アプローチできる。

検索キーワードに合わせて、その商品やサービスの広告を表示させることができます。

・即日配信ができる

リスティング広告は、設定してすぐに配信スタートが可能です。

・その場で調整ができる

リスティング広告は、Googleの管理画面ですぐにタイトルや説明文を改善することができます。定期的にチェックをして常にPDCAを意識するようにしましょう。

デメリット

・視覚に訴える表現ができない

リスティング広告は、すべてテキストで表示されるため、イラストやアイコンのように視覚的に表現することはできません。

・クリック率が低い

リスティング広告は、検索結果の上部と下部に表示されますが、インターネットを利用しているユーザーからすると、いつも表示される広告に慣れてしまい、特に意識せずにスルーされてしまうことが多い傾向にあります。

・競合が多い

低予算ですぐに始められるリスティング広告は、競合他社もおおく参入しています。そのため、他よりも上位に表示させるため入札額を設定したり、魅力的な広告タイトルや説明文を設定したりする必要があります。

まとめ

リスティング広告は、クリックされなければ広告料が発生しないため、だれでも低予算ですぐに始めることができます。

多くの人にクリックされるようになるためには、魅力的な広告文を決めることが大切。配信開始したあとは、こまめな分析や調整を繰り返すことになりますが、まずは小さく初めて見るのがおすすめです。あれこれ考えるよりもまずは配信してみてはいかがでしょう。