ECサイトの競争は激化しており、集客の難易度は高まるばかりです。SEO対策をしてもなかなか結果につながらなかったり、リスティング広告の単価が上昇して費用対効果が落ちたりすることも多いでしょう。

そこで注目されているのが「ECサイトのアプリ化」です。スマホの普及に伴ってアプリを利用するユーザーが増えいるため、アプリ化することで一定の効果を期待できます。

今回は、ECサイトをアプリ化してライバルに差をつけるためのポイントをまとめてみました。

SEOやリスティング広告の限界

今までECサイトの集客といえば、SEO対策とリスティング広告が主流でした。しかしここにきて、資金が豊富な大企業の参入や競争の激化によって、その限界が見えてきています。

Googleなどの検索エンジンはサイトのコンテンツを重視しているため、コンテンツを充実させるのがSEO対策のメインの手法となっています。コンテンツを充実させるためには、時間をかけて記事を作成しなければなりませんが、限られた予算でスピード感を持ってコンテンツを増やすのはなかなか難しいでしょう。競合もコンテンツを充実させていれば上位表示難易度も上がるため、手間をかける割には効果が見えにくい場合もあります。

また、リスティング広告も大企業がメインとなるキーワードを高単価で押さえてしまうため、費用対効果は悪化しがちです。単価が低くて効果の高いニッチなキーワードを見つけることが理想ですが、これも簡単なことではありません。そのため、SEO対策やリスティング広告に代わる新しい集客方法が求められています。

サイトのアプリ化が売上アップのポイントになる?!

競争が激化するなかで注目されているのが、「ECサイトのスマホアプリ化」です。

スマートフォンの普及に伴い、モバイル経由でWEBサイトを閲覧する人が増えているため、スマホ対応は当たり前になっています。しかし、アプリを利用する時間はブラウザを利用する時間よりも多く、ひとり当たりのアプリ利用時間はブラウザの約5倍となっているのです。

そのため、スマートフォン向けサイトだけではなく、アプリでもユーザーとの接点を作ることが重要になります。アプリには通知機能があるため、積極的にユーザーにアプローチでき、新規客の獲得だけでなく既存客の囲い込みにも効果的です。

また、アプリでユーザーの情報を収集すれば、年齢や性別などの属性、アプリの利用状況などでセグメントして、そのユーザーに最適な情報をピンポイントで届けることも可能になります。ライバル企業に先がけてスマホアプリ化すれば、他社に差をつけて売上増を期待できるようになるでしょう。

Webサイトとスマホアプリはどう違うのか

では、WEBサイトとスマホアプリでは何がどう違うのでしょうか。

まず、WEBサイトであれば目的のサイトを見つけるために検索する時間がかかりますし、ブックマークしたとしても「まずブラウザを立ち上げて、そこからアクセスする」という手間がかかってしまいます。これに対してスマホアプリであれば、アプリのアイコンをタップするだけですぐにアクセスできるというメリットがあります。

また、WEBサイトは見てもらうのをただ待っている状態ですが、スマホアプリはプッシュ通知が可能です。アイコンに通知の有無を表示させることもできるので、開封率も高く積極的にユーザーにアプローチできます。

アプリ化のメリットとデメリット

このように、スマホアプリとWEBサイトでは大きな違いがありますが、スマホアプリ化することのメリットとデメリットをまとめてみます。

アプリ化のメリット

アプリ化の最大のメリットは、やはりプッシュ通知ができることでしょう。ユーザーにこちらから直接アプローチして情報を届けられるので、売上増も期待できます。

アプリならではの操作性の高さも見逃せません。WEBサイトであれば必要な情報がどこにあるのかを探すのに手間がかかりますが、一般的にアプリのほうが直感的に操作できるように設計されています。

また、アプリをインストールしてもらうことができれば、スマホにアプリのアイコンが表示されるようになりますので、認知度やロイヤリティを高める効果も期待できるでしょう。

アプリ化のデメリット

アプリ化のデメリットとしてはインストールしてもらうための壁があります。そのアプリをインストールするメリットをユーザーが感じられなければ、インストールしてもらうことは難しいでしょう。そのため、アプリをインストールしてもらうための施策も考える必要があります。

また、アプリ開発はWEBサイトの制作に比べてコストがかかるという点もデメリットです。WEBサイトをアプリ化するサービスなどもありアプリ開発コストも以前よりは下がってきましたが、iPhoneとAndroidの両方に対応しようとするとそれなりのコストは必要になります。

ECサイトにはこんなアプリ化がおすすめ

ECサイトをアプリ化する際には、次の2点を押さえて作成するのがいいでしょう。

1.プッシュ通知ができること

2.アプリ内からECサイトへリンクできるようにする

プッシュ通知はECサイトのアプリには欠かせません。通知の許可をユーザーに設定してもらうときに、「許可」を選んでもらえるように工夫しましょう。

また、アプリ内からECサイトへスムーズにリンクできるようにするのがおすすめです。ECサイト同様に決済機能やログイン機能をアプリに持たせることも可能ですが、どうしてもコストがかさんでしまいます。アプリとECサイトの連携を前提にアプリ化するのがいいでしょう。この方法なら、比較的コストを抑えながらECサイトをアプリ化できます。いち早くサイトをアプリ化して、ライバルに差をつけて集客しましょう。