一昔前のマーケティングより、近年では「マーケティング」の知識の幅がぐっと増えてきているように感じます。なぜならマーケティングの世界もぐっとデジタル化が進み、ほとんどツールが自動でやってくれるようになったとは言え、最初の設定をしたり、コンテンツを作ったりするのはヒトだからです。

ここでは、現代のマーケティングに必要な知識にはどんなものがあるかについてご紹介しようと思います。

マーケティング知識にはどんなものがあるか?

そもそもマーケティングの存在は「顧客ニーズに合ったものを最適に提供できる環境をつくるための活動」と言えます。もちろん最終目標としては、自社の製品をユーザーに買ってもらうことなのですが、そのためにはユーザーが求めていることを知らなくてはいけません。

これだけモノにあふれていて、他社製品の競合も多い時代に、他の商品と差別化された自社の製品を作り出すには並大抵の努力では作れません。

製品のリサーチから消費者動向、市場調査、コストや価格の調整、Webサイト制作をふくむプロモーション、流通、顧客管理、そしてSEO対策を工夫して、販売活動なしでも売れる環境を作り出すのもマーケティングの役割です。

それだけにひとことでマーケティングといっても、最新のデジタルマーケティングのツールの知識なども含んだ、非常にたくさんの知識が必要となります。

エクストラで押さえておきたいマーケティング知識とは?

近年ではマーケティング担当でもデザイン力や文章力など、いろいろな能力が要求されるようになってきました。

それはちょうどWebデザイナーがマーケティングの知識を要求されるようになってきたように、マーケティングがデジタル化しており、Webデザインとマーケティングがより近いものになってきたことが挙げられます。

企画・分析力

もともとマーケティング担当に任命される人は、与えられた仕事をこなすだけではなく、自発的に仕事をこなせるマルチな人という印象が強いですが、マーケティングには企画力や分析力がまず要求されます。

近年はマーケティングもデジタル化が進み、広告の素案の作成やGoogle系の広告ツールやアナリティクスなどの分析ツールも頻繁に使用することから、ユーザーの属性やWebサイト閲覧や購入に関する履歴を専用ツールで分析したり、どんな広告が最適なのかを判断したりする能力もマーケティングにはほぼ必須で要求されるスキルと言えます。

コミュニケーション・調整力

Webデザインや顧客管理など、従来は別々の部署で行っていた仕事も、アナリティクスなどの分析ツールの登場によってマーケティング担当が管理画面で管理できるようになりました。

もちろん詳細な情報は各部署からの情報が必要な時もあるかも知れませんが、そのような時はマーケティング担当にも相応のコミュニケーション能力が必要です。もちろん、社内だけではなく、社外からの顧客との対応もあるため、コミュニケーション能力に加えて常識力も必要です。

また、例えば見込みのあるユーザーのリストを作り、デジタル広告を打つ時でも、どのタイミングで広告を仕掛けるか、何日後に広告を出せば有効なのか?など、タイミングを調整する能力も必要になってきます。

情報収集力・Web制作スキル

また、情報を収集する能力やWebサイトを制作するスキルもマーケティング担当には要求される時代となりました。

情報収集はマーケティング担当としては得意分野に入るかも知れませんが、忙しさにかまけて常日頃から最新トレンドを追う努力をしなくては、日々変化する業界に対応することはできません。

また、マーケティングがデジタル化している近年では、マーケティング担当も簡単なWeb制作の技術を身に着けておいたほうがいいでしょう。Web制作の知識がマーケティングに役立つこともあれば、その逆もあります。

まとめ

ここでは、「マーケティング知識で押さえておきたいポイントとは」についてご紹介しました。近年ではマーケティングといえども、非常に広い知識が要求されています。特にデジタル化しているため、顧客のWebサイト閲覧分析や広告ツールなどの知識が要求され始めてきて、今後もますます必須のスキルとなることは間違いありません。

また現在では、Web制作の知識やサーバー知識、コミュニケーションや企画力までが要求されてきています。

どんな業界にも言えることですが、広く浅くでもいろいろな知識を持っておくに越したことはありません。数年以内には「重宝がられるマーケター」が当たり前の世界になると予想されています。