テレビCMや新聞など、伝統的なマーケティング方法はいまでも実在するものの、いまやマーケティングはWebを通してやるのが当たり前の世界となりました。

Webマーケティングにおいて、インターネットとはどのような位置づけなのでしょうか?そして現在のWebマーケティングの手法にはどのようなものがあるのでしょうか?

今までのマーケティングとの違い

従来のマーケティングというと、テレビCMや新聞広告が頭に浮かびます。まだマーケティングと広告は縦割りで、あまり接点を持たないものとさえ考えられていました。

それに「いかに自社の製品をユーザーに伝えるか」ばかりを考えていましたが、現在はユーザーの「共感」を呼ばないとモノが売れない時代になっているのです。

それに、録画機能やオンデマンドが発達したことから、TVCMもスキップされ、動画やSNSでも売り込みがしつこい広告は嫌われます。

つまり従来のマーケティングはほとんど機能しておらず、時代はより「個」を大切にするWebマーケティング寄りになってきているのです。

単なる情報発信から企業活動の中心へ

以前はマーケティングといえば、企業の「情報発信」の場でした。それも、うちの会社からこんな商品が出ましたよ、こんなサービスがありますよ。などと企業からユーザーへの一方通行な情報発信でした。それをその企業の商品に興味があるユーザーが取りに行っていたのです。

しかし時代は変わってこれだけ商品が溢れ、差別化も難しくなってくるとこんどは企業がユーザーの行動をフォローして、ユーザーを育てて買ってもらう時代です。

いつの間にか、マーケティングは単なる情報発信から企業活動そのもの、企業活動の中心へ移動していたのです。

それにますます営業やマーケティング、Webデザイン、システムなどの部署との差が縮まり、それぞれの部署の人もマルチなスキルが要求されるようになりました。

例えばWebデザイナーでもマーケティングを、マーケティングでもWebデザインやSEOやシステムのことを知っていたほうが便利だからです。

現在のWebマーケティング手法とは?

それでは現在のマーケティングの手法とは、どのような手法になっているのでしょうか?

集客対策

まず現在のマーケティングの集客はどのような手法が主流なのでしょうか?まずは、SEOです。検索で上位に表示されれば、それだけ来てくれるユーザーも増えます。しかし結果が出るまでには少々時間がかかります。また、Googleの検索の指針が時々変わるため、そのたびに対策を打たなくてはならなくなります。

そしてリスティング広告を中心とした、費用を出して検索エンジンやSNSに表示するリスティング広告などを指します。こちらは、費用はかかりますが、狙ったユーザーを即座にサイトに引き込むことも可能です。

しかし費用対効果が見合わなければ、いつまでも続けることは無駄となってしまいます。

接客対策

次に接客対策ですが、Webなのに接客?と思われるかも知れません。逆に言うとWebだからこそ、接客が大切です。何も人がいちいち訪問者を接客しなくても、現在ではWebボットやAIを駆使した自動での接客ツールもあります。一人ひとりのユーザーを逃さないようにするという意味では、いい時代になってきたと言えます。

再来訪対策

競合も多く、商品の差別化も難しくなってきた現在、他の会社と違うことをやらないと、一度サイトを離れていったユーザーはサイトに再び来てくれません。そのためには、企業側から「再訪問」のお伺いを立てるのも有効となります。

いわゆるリマーケティングという方法で、訪問してから一定期間経っているユーザーにコンタクトするのです。これもいちいちそのユーザーの最終訪問からどのくらい経っているかを調べる必要はありません。現在ではちゃんとそのためのツールもあります。

まとめ

このように、現在ではマーケティングは従来のテレビCMや新聞広告から、Web中心となっています。SEOやWeb広告を使った集客、AIチャットボットなどを使った接客、そして一度はサイトを離れていったユーザーを呼び戻す再来訪対策と、従来のマーケティングとはまったくスタイルが変わっています。現在のマーケティング方法を掴んで、さらなる顧客獲得を目指しましょう。