マーケターなら必ず通る道とも言える「Webマーケティング広告」。一口にWebマーケティング広告と言っても、いろいろな種類があります。ここではWebマーケティング広告の種類とその特徴についてご紹介します。

Webマーケティングにおける広告の種類は?

ではまずWebマーケティングにおける広告にはどんな種類があるのでしょうか?その種類と特徴について簡単にご説明したいと思います。

リスティング広告

まずは費用対効果に優れていると言われる「リスティング広告」です。リスティング広告はGoogleやYahoo!でキーワードを検索した時に、検索結果の画面に表示される広告です。

多くの場合、結果画面の上位3位くらいは皆、リスティング広告です。よく見ると「広告」や「PR」と小さくかかれていますので、それとわかりますが、広告だとわからないように、普通の検索結果と同様に掲載されていますので、それとわからない人も多いでしょう。

このリスティング広告を出すには、Google広告やYahoo!リスティングに登録し、「入札方式」でワンクリックをいくらにするか設定します。高い金額で入札できた広告主の順に検索結果画面の上位に表示されるというシステムになっています。

リスティング広告は、すぐにターゲットであるユーザーにクリックしてもらうことで自社サイトに呼び込めることや、クリックされないと課金されないため、費用対効果が優れていると言われますが、一方で広い範囲のユーザーに届きにくい、導入するにも、出稿のアイディアを出すのが難しいなどのデメリットがあり、すぐ簡単に出せるというわけでもなさそうです。

ただ、はじめはうまくいかなくても、日々キーワードを変えてみたり、単価を変えてみたりと工夫を重ねることでうまくいくケースもあるようです。

なお、近年問題になっているステルマーケティングと思われないためにも、リスティング広告には必ず「広告」「PR」といった表示をすることが、業界での暗黙の了解となっています。

純広告

次に純広告ですが、その名の通り、特定メディアの広告枠を買い取って一定期間出稿する広告のことです。特定のメディアとは、近年ではインターネット上にあることが多いです。

テキストで表示されるリスティング広告とは異なり、Yahoo!などのサイドバナーに、画像で表示される広告を見たことがないでしょうか?

インターネット広告では他にニコニコ動画や東洋経済オンラインなどもありますが、インターネット以外のメディアでは日本経済新聞などでも純広告を取り扱っています。

ディスプレイ広告はGoogleやYahoo!をはじめ、SNSなどにも出稿することができますが、この「純広告」はメディアの種類が特定されているのが特徴です。

純広告はインターネット広告の場合、先のYahoo!の検索画面のようにバナーで表示されることが多いですが、記事や特設サイトの形で表示されるものやテキストや動画、メール広告で出稿することも可能です。

この「純広告」は、期間保証型、インプレッション保証型、またはインプレッション課金型と呼ばれる契約形態のことが多く、出稿する期間だけが決まっていて表示される回数やクリック数は決まってないもの、広告の表示された回数を確約するもの、インプレッションやクリック数に応じて課金されるものなど、さまざまな形態があります。

また、購入されたりダウンロードされたりすると課金される「成果報酬型」や、メールなどを配信する数を保証する契約などさまざまなものがあります。

アフィリエイト広告

次はアフィリエイト広告です。こちらは聞き覚えのある広告なのでイメージがわく人も多いかと思いますが、広告主とユーザーの間に仲介業者であるASPが入り、企業や個人のブログなどを「広告媒体」として使うという広告の手法です。

広告媒体として使う側の立場では、クリックされたり、購入してもらえたりしたら報酬が得られるというもので、広告主はその広告媒体にお金を払ういわゆる「成功報酬型」の広告です。

また、広告主の立場では出稿料や月額料金がかかり、「広告媒体」となるユーザーの審査がほとんどない状態なので、どんなブログに広告が貼られるかわからないという問題点もあります。

アフィリエイトで検索すると、検索結果の上位にはあまりいい評判は書いていないですが、仲介業者であるASPはもう何十年も営業を続けており、いまだに勢いあります。それに広告主やアフィリエイトサイトの数も年々増えているため、これからもますます成長していく手法なのではないかと考えられます。

タイアップ広告

次はタイアップ広告です。こちらは「純広告」で使われることも多い手法で、特定のメディアの広告枠を買取って出稿する広告で、インターネット広告以外、雑誌やテレビの広告でもよく使われる手法です。

記事として特集のように載ることも多いので業界では「記事広(きじこう)」と略して使わることも多いようです。

大きなメディアで、メジャーなブランドが行う場合が多いため、そのブランド力から、ユーザーの認知度や信頼度が抜群です。

インターネットでのタイアップ広告の場合、SNSで有名なブロガーやインフルエンサーに依頼する場合もあり、ユーザー層が明確なのでやりやすいというメリットもあります。

また、ブロガーやインフルエンサーは有名人ではなく、一般人のことも多いため、「ユーザー目線」寄りで発信できるという強みもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここでは、Webマーケティングの広告とその特徴についてご紹介しました。一口にWebマーケティングと言っても、いろいろな手法があるのですね。

Webマーケティングではリスティング広告やアフィリエイト広告が有名ですが、伝統的な手法である純広告やタイアップ広告も理解しておくと総合的な知識が身につくのでおすすめだと言えます。