ホームページを作ろうと思ったときに、いろいろと調べていると、「ホームページ」「webページ(ウェブページ)」「webサイト(ウェブサイト)」などさまざまな言葉が出てきて、それぞれが何を指しているのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。この記事ではそれぞれのことばの意味と違いを紹介します。

webページ(ウェブページ)は、1つのページを指すことば

webページは、web上に公開されている1つ1つのページを指すことばです。例えば、次のようなページを見たことがあるのではないでしょうか。

– 会社概要が書いてあるページ

– 問い合わせのページ

– 商品の一覧が載っているページ

– 商品の詳細が載っているページ

今、画面に表示されているこの記事も1つのページで、これがwebページです。

## ホームページとwebサイト(ウェブサイト)は同じ意味で使われることが多い

webページを束ねたものがホームページ≒webサイトです。

例えば会社のホームページでは、次のようなwebページの集まりで構成されています。

– トップページ

– 会社概要

– サービス一覧

  – サービス詳細

– 問い合わせ

– プライバシーポリシー

それぞれのwebページが全体としてリンクでつながっていて1つのパッケージとなっている状態です。

もともとはホームページとwebページ(ウェブページ)は異なる意味を持っていた

もともと、ブラウザを開いたときに最初に表示されるページのことをホームページと呼んでいました。

しかし、多くの人がwebサイトのトップページのことをホームページと呼ぶようになり、さらにwebサイト全体のことをホームページと呼ぶようになりました。

今では、webサイトとホームページを同じ意味として使っている人が多いです。webの黎明期にはそれらの使い分けを重視する人が多かったですが、今ではほとんどの人が気にせず使っていて、意味も通じます。

まとめ

webページは、1つのページを指すことばで、それらを束ねたものがホームページ≒webサイトです。もともとホームページとwebサイトは違うものを指すことばでしたが、今では意味が通じるので特に気にしなくても問題ありません。