近年、企業やサービスの認知度の向上のため、Twitter広告を利用することが増えています。

今回は、Twitter広告のひとつである「プロモツイート」について、詳しく解説していきたいと思います。

プロモツイートとは

プロモツイートとは、Twitterのタイムラインに、通常のユーザーの投稿と同じように表示され、【プロモーション】と書かれている広告です。

プロモーションを目的としているため、Twitterの様々なユーザーに対し、情報を届けることができます。

プロモツイートは、タイムラインだけではなく、

・Twitterの検索結果ページ

・テイクオーバーをクリックした際のリンク先

・アカウントのプロフィール

・公式クライアント

などにも表示可能です。

また、2021年4月に「プロモツイート」から「プロモ広告」に、名称変更されています。

プロモツイートの料金体系

プロモツイートの料金体系は、オークション形式となっています。

広告が表示されるだけでは広告費は発生せず、広告に対してユーザーからアクションがあった時に、費用が発生する仕組みです。

商材によっては競合他社が多くなるため、価格の変動には注意しましょう。

課金のタイミング

Twitterで広告を出す場合、事前に「キャンペーン」と呼ばれる、広告を掲載した際に達成したい目標を定めておきます。

フォロワーの獲得や、リツイート、いいね!の獲得などのことです。

これを、「請求可能なアクション」と呼び、このアクションが起こった時に、広告費が発生します。

入札方式

入札方式は、3種類の入札方法から選択することが可能です。

自動入札

予算の最小限の費用で、大きな効果を得られるよう、入札額が自動で最適化されます。

広告運用が初めての方や、Twitter広告の利用が初めてという方におすすめです。

上限入札単価

広告主が、各請求可能なアクションに対し、支払える金額を設定します。しかし、設定した金額よりも多少上回って課金される場合もありますので、理解しておきましょう。

目標入札単価

キャンペーンで、「フォロワー獲得」と「WEBサイトへの誘導またはCV」を設定している場合に選択することができる入札方式です。

各アクションに設定しておくことにより、1日の課金額が平均するように最適化されます。

オークション

上記の入札方式の中から入札タイプを選択すると、オークションが始まり、同様のオーディエンスを対象としているプロモツイートと競い合います。

ここで落札することができると、広告としてプロモツイートの掲載が始まるのです。

また、広告の掲載は入札額だけではなく、広告の品質スコアも関係します。

品質スコアは、「共感度」「関連性」「鮮度」となっており、品質スコアを上げることで、入札額を抑えて、プロモツイートが掲載されやすくなります。

プロモツイートのメリット

ここからは、プロモツイートで広告掲載を始めることで、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

ユーザーによる情報の拡散

プロモツイートは、ユーザーが投稿する通常のツイートと同じように、タイムライン上に配信されます。

広告を見るだけではなく、リツイートやいいね!などのリアクションで反応することも可能ですので、ユーザーによる拡散が見込めるでしょう。

狙ったターゲットに情報を伝えられる

細かいターゲティング設定ができるため、ターゲット層を絞って情報の発信ができます。

潜在ユーザーの獲得

ユーザーのリアクションによってプロモツイートが拡散されると、ターゲティングで絞り込んだユーザー以外の目にも留まることになります。

そのユーザーが、自社のプロモツイートを見て関心を持ってくれると、フォロワーの獲得にも繋がるでしょう。よって、潜在ユーザーの増加も期待できます。

プロモツイートを配信する際の注意点

プロモツイートで配信する際の、注意点も押さえておきましょう。

引用リツイートの消去ができない

ユーザーがリツイートや引用リツイートを行うことにより、広告が拡散されることがメリットとなりますが、広告に誤情報や不適切な表現が含まれていた場合、リツイートの消去はできますが、引用リツイートは消去することができません。

広告を配信する前に、広告内容を入念に確認しておきましょう。

ネガティブなコメントをされる可能性がある

ユーザーはプロモツイートに対して、リツイートやいいね!の他に、コメントを残すこともできます。その際、好意的なコメントだけではなく、ネガティブなコメントをされることもありますので、その際の対応方法も事前に考えておくことが必要です。

非表示・ブロックをされる可能性がある

ユーザーが広告を見た際に、興味がないと思った場合は、広告を非表示にすることが可能です。また、広告の非表示だけではなく、アカウント自体をブロックされてしまうこともあります。

まとめ

ここまで、Twitter広告のプロモツイート(プロモ広告)について、料金体系やメリットなどを解説してきました。

プロモツイートでは、ターゲティングで絞り込んだターゲットに情報を届けることができる他、ユーザーによる広告の拡散など、多くのメリットがあります。

プロモツイートを使って、自社のサービスをアピールしていきましょう。