ROAS(ロアス)とは広告の費用対効果を表すもので、広告運用をするうえでの指標となります。デジタル広告の世界では、ROASをはじめとした指標を計算し、効率よく成果を上げることが大切になります。こういった指標があることは知っているものの、ROASについてはよく知らないといった人も多いでしょう。

この記事では、企業でデジタル広告を運用している方に向けて、ROASの意味や計算方法、メリット・デメリットについて解説します。自社のデジタル広告の運用にぜひお役立てください。

デジタル広告における「ROAS(ロアス)」とは?

ROASとはReturn On Advertising Spend(リターン オン アドバタイジング スペンド)の略で、広告の費用対効果を表す言葉です。

広告費1円に対してどのくらいの売上を得たのかを算出できるため、売上を重要視するECサイトなどによく利用されます。ROASを算出することで、広告費による赤字化や非効率な広告出稿を防ぐことができます。

なぜROASが必要なのか

ROASを把握することで、広告の売上貢献度がわかります。ROASの低い広告費は削って無駄をなくし、ROASの高い広告費に回すなど効率的な広告運用が可能になります。

ROASによって費用対効果が可視化できるので、広告の問題や改善点を見つけることができます。デジタル広告の運用について、PDCAサイクルもスムーズに回すことができるようになるでしょう。ROASは、自社の現状把握や今後の方向性を決めるのに役立ちます。

ROASの計算方法

ROASは以下の計算式で算出できます。

広告による売上÷広告費用×100%

たとえば、広告による売上が100万円、広告費用が10万円だったとします。ROASの計算式は100万円÷10万円×100%=1000%で10倍となります。これにより、1円の広告費で10円の売上を出したということがわかります。

ROASの数値が高いほど費用対効果が高くなります。数値が低い場合は費用対効果も低いので、改善するための施策が必要です。広告の売上や広告費用は時間とともに変化していきます。ROASは一度きりの計算で終わらせるのではなく、リアルタイムで常に把握することが大切です。

目標ROAS

ROASを算出する際には、目標値の設定が必要です。1つの基準値として目標ROASというものがあります。目標ROASは以下の計算式で算出できます。

平均顧客単価÷(平均顧客単価-平均原価)×100%

たとえば、平均顧客単価1万円、平均原価3000円だった場合、目標ROASの計算式は1万円÷(1万円-3000円)×100%=143%となります。

目標ROASはあくまで最低限の数値です。この数値より低くなると赤字になるリスクが高まるので注意しましょう。

ROASとROI、CPAの違い

ROASの他にも、デジタル広告の効果を表す指標としてROIやCPAがあります。この2つはROASと一緒にされやすいため、ROASとの違いをしっかりと理解しておきましょう。ここでは、それぞれの特徴を解説します。

ROIとは

ROIとはReturn On Investment(リターン オン インベストメント) の略で、広告費に対する利益を表す指標です。ROIを計算することで、広告費1円に対してどのくらいの利益を得たのかが算出できます。ROIは2つの事業の利率の比較や、事業の成功具合を把握するときに役に立ちます。

ROASとは、広告に対する利益であるか売上であるかという点が異なります。ROASとROIを計算して、どちらとも100%より高くなっていなければ、赤字ということになります。

ROIの計算方法

ROIは以下の計算式で算出できます。ROASと同様に数値が高いほど広告効果が大きくなります。

(広告による売上-売上の原価-広告費用)÷広告費用×100%

たとえば、広告による売上1000万円、売上の原価250万円、広告費用250万円だとします。この場合、計算式は(1000万円-250万円-250万円)÷250万円×100%=200%となり、広告費1円に対して2円の利益があったことになります。

CPAとは

CPAとは Cost Per Acquisition(コスト パー アクイジション)の略で、1コンバージョンあたりの広告費を表す指標です。CPAを計算することで、1人の顧客獲得に対する広告費用が算出できます。転職や不動産といったオンライン上で決済が完了しない広告運用に役立ちます。

CPAの計算方法

CPAは以下の計算式で算出できます。ROASやROIと同様に、数値が高いほど広告効果が大きくなります。

広告費用÷コンバージョン数

たとえば、広告費用が10万円、コンバージョン数が100件だった場合、計算式は10万円÷100件=1000円です。1人の顧客を獲得するのに1000円の広告費がかかったことになります。

そのほかの指標

ROAS、ROI、CPA以外にもデジタル広告の効果を表す指標があります。ここでは、CPI、CPC、CPV、CPOについて簡単に解説します。

CPI

CPIはCost Per Install(コスト パー インストール)の略で、アプリが1回インストールされたときの広告コストを表す指標です。CPAと同義で扱われることが多いですが、CPIは主にスマートフォンアプリの広告指標に使われることが多くなっています。App storeやGoogle Playなどでアプリダウンロードを実施している際に計算します。

CPC

CPCはCost Per Click(コスト パー クリック)の略で、広告1クリックに対してのクリック単価を表す指標です。CPCはオークション形式で決定されます。たとえば検索ページ上部に表示されるリスティング広告であれば、競合の高いキーワードほどCPCが高くなる傾向にあります。

CPM

CPMはCost Per Mille(コスト パー マイル)の略で、ユーザーに広告を1,000回表示させたごとの広告コストを表す指標です。広告がクリックされたかどうかに関わらず、表示された回数で計算します。CPMが低いほどコストをかけずに広告が表示できていることになります。

CPV

CPVはCost Per View(コスト パー ビュー)の略で、動画広告で使用される指標です。動画視聴1回あたりの単価を表しています。「動画が最後まで再生されたとき」「一定の時間再生されたとき」など広告媒体によって再生回数の基準が異なります。

CPO

CPOはCost Per Order(コスト パー オーダー)の略で、新規顧客を1人獲得するのにかかった広告費用を表す指標です。CPAと似ていますが、CPOはサービスや定期購入を購入した顧客に対して利用される場合が多いです。

ROASのメリット・デメリット

では、ROASのメリットとデメリットについて解説します。効果的な広告運用をするために、それぞれについて押さえておきましょう。

ROASのメリット

ROASには2つのメリットがあります。

売上につながっている広告が明確になる

ROASは広告そのものの対価であるため、どの広告が1番売上につながっているのかを明確にできることがメリットです。ROASがわかれば、適切に広告費用の予算配分ができて、売上効果の高い広告に費用を回すことが可能です。計算式も単純なので、担当者が日常的に数値を把握しやすいともいえます。

すでにあるデータで計算できる

ROASの計算に必要なものは広告による売上と広告にかけた費用です。どちらも企業としてすでにデータを把握している数値なので、必要なときにすぐ求められるのもメリットです。別の指標の場合、広告の状況を一度分析にかけてクリック数やコンバージョン数を計測しなければならないものもあります。

現在、自社が持ち得るデータから、売上の状況や将来得る売上予測などを算出できるのがROASのメリットともいえるでしょう。

ROASのデメリット

ROASには2つのデメリットがあります。

「売上」はわかるが「利益」はわからない

ROASでわかるのは広告費用に対する「売上」であり、広告費用に対しての「利益」はわかりません。そのため、ROASの数値は高くても、利率が低ければ赤字になる場合もあるのです。利益を算出する場合は、ROIと併用してデータ分析する必要があります。

知名度が低い指標のためわかりづらい

ROASはほかの指標と比べると、知名度が低い言葉になります。部署内や経営層にROASを解説する際は、わかりづらいと敬遠される可能性もあります。デジタル広告のプレゼンや状況報告の場においては、ROASの意味や仕組みもあわせて説明するとよいでしょう。

ROASを活用するコツ

ROASはほかの指標と組み合わせて運用することをおすすめします。ROASでわかるのは、あくまで広告費で得られた売上です。デジタル広告を効率よく効果的に運用するには、売上のみを把握するだけでなく、利益やコンバージョン数、クリック数なども計測することが大切です。

デジタル広告にはさまざまな指標があります。計算式も指標により異なりますが、分析ツールや計測ツールなどを使うことで自動計算できるものもあります。自社にリソースが不足している場合は、デジタル広告を取り扱う広告代理店に相談するのも1つの方法です。

まとめ

ROASは広告の費用対効果を把握する上で重要な指標です。しかし、ROASの数値だけで広告効果を決められるわけではありません。ROASだけでなくROIやCPAも計算して、多角的に分析することが大切です。

デジタル広告の指標は多岐にわたりますが、ROASは売上や広告費といったすでにあるデータで計算できます。デジタル広告をはじめたばかりという人は、まずはROASの計算からスタートしてみてもよいでしょう。