ダイナミック広告と聞くと、すぐにどんな広告かを思い出すことができる人はおそらく一握りに過ぎないと思います。

ダイナミック広告とは、いったんサイトに来てくれたものの、その場では買わずに離れたユーザーを再び呼び戻そうとする広告のことをいいます。

ダイナミック広告のしくみとはいったいどうなっているのでしょうか?また、そのメリットなどについてご紹介致します。

ダイナミック広告広告とはどんな広告か

では最初にざっくりとダイナミック広告とはどんな広告かご紹介致します。

例えばネットでキャンプでも着れる、カジュアルな薄手のジャケットを探していたとしましょう。

カジュアルブランドのサイトをひととおり見て回って、いいなと思って比較検討しましたが、結局決められず、そのままになっていたとします。

ダイナミック広告はそんなユーザーに対して「以前来てくれて〇〇日が経っていますが、もう買ってしまいましたか?」とでも言っているかのような広告を配信することができるのです。

このように過去のユーザーのWeb上での行動履歴に基づいて自動的に広告クリエイティブを作成してくれるのが「ダイナミック広告」です。

ダイナミック広告はどこに表示されるか?

では、ダイナミック広告とはどこに表示されるのでしょうか?

以前はフランスに拠点を置く広告配信事業者Critioなどに限られていましたが、現在ではYahoo!やGoogle でもダイナミック広告を扱うようになっています。

またFacebookやインスタグラムなども商品情報をもとに自動的にダイナミック広告を配信してくれるサービスを持っています。

楽天なども持っているといいますから、大手のEC業者ならばダイナミック広告を採用していると考えるといいでしょう。

従来と違う点はこれらの広告を「自動的に」作成して、配信してくれる点です。専任のスタッフが要らないくらいなので、その労力を他の仕事に費やすことができます。

ダイナミック広告に向いている業種はどんな業種か?

ではダイナミック広告に向いている業種は、どのような業種でしょうか?

どのような業種という区別はないのですが、たくさんの商品や項目が掲載されているECサイト、不動産サイト、求人サイトなどと相性がいい広告です。

ダイナミック広告の設定の仕方

現在では多くの企業がダイナミック広告を扱っています。その中でもFacebookのダイナミック広告の設定の仕方をご紹介します。

他の企業も多少は差異がありますが、だいたい設定の仕方は似ています。

また、これらの設定の前にユーザーの行動を把握するためのタグや、クリエイティブのもととなる商品のデータフィードの「準備がしてあること」が前提となります。

Facebook広告マネージャーにログインする

まずはFacebookの広告マネージャーにログインします。もちろんその前にFacebookのアカウントを取っておくことが前提条件です。

新しいキャンペーンを作成→カタログ販売をクリックします。

どんな人にダイナミック広告を出すかを決定

次にどんな人にダイナミック広告を出すかを決定します。過去接点があった人、なかった人を選びます。最初はあまり範囲を狭めず、「過去接点がなかった人にも出す」を選択することがおすすめです。

あとはFacebookのAIが判断し、最適だと思われる人に広告を配信します。

また、配信先も「自動配置」がおすすめですが、手動でFacebookのみ、Instagramのみなどと配信先を決めることもできます。

広告クリエイティブを決定する

つぎに肝心の広告の中味、広告クリエイティブを決定します。

これも初めてであれば、FBカタログをもとにして広告マネージャーに業種や商品説明文、ページのURLなどを入力しておけば、あとは自動的にユーザーに合った広告クリエイティブを作成してくれます。

最初の商品カタログさえあれば、あとはきわめて簡単に作成できるのです。

ターゲットを決定する

どんな人に配信するか、広告クリエイティブができたら、こんどはターゲットを決定します。

ターゲットとは、さきほどの「過去に接点があった人、なかった人」に加えて、コンバージョン類似(商品購入者に似ている人)、Facebookのページに「いいね!」をしてくれた人が加わります。

そしてここで重要なのが、ずっと同じ条件の人に広告が配信され続けないように、時々ターゲットを変えて反応を見てみることが重要です。

ダイナミック広告を成功させる秘訣は?

ダイナミック広告はユーザーの行動履歴に合わせて、その人にあった広告をAIが自動的に作り上げて自動配信してくれる広告システムです。

いくらその人の趣味趣向に合っていても、ダイナミック広告の表現がわかりにくいものだったり、データの内容が実際と違っていたり、ユーザーが魅力的に感じなければ意味がありません。ここではダイナミック広告を成功させる秘訣をご紹介します。

データフィード(リスト)の情報と実際の情報は常に最新版にする

クリエイティブの前に作成した、商品のリストとも言えるデータフィードと実際の情報はできるだけ最新のものにしましょう。

例えば、ユーザーが広告を見て興味を持ってクリックしてくれても、マイナモデルチェンジで色やデザインが違っていたり、在庫が切れていたりしたらユーザーはがっかりして離脱してしまいます。

ユーザーにわかりやすい広告クリエイティブにする

またこれはオークションサイトなどの広告クリエイティブにも言えることですが、ぱっと見て何の広告がわかるように書かれていれば、クリックに繋がります。

例えばスープなどの食品であれば、パッケージの写真よりも、魅力的なボウルに盛り付けられた美味しそうなスープの写真のほうがよく、家電などの場合は、ただ、冷蔵庫の写真を載せるだけよりも何リットルの容量なのか、どんな特別な機能があるのかなどが書かれていたほうがベターと言えるでしょう。

まとめ

このようにダイナミック広告はユーザーの行動履歴に基づいて、最初に簡単な設定をしておけば自動的に広告クリエイティブを作って配信してくれるシステムです。

かつての広告配信よりも格段に簡単に広告配信が出来ますが、途中で成果を見ることや、成果があまり出ない場合は、配信先を変えてみるなどの工夫が必要だと言えるでしょう。