Googleアナリティクスの活用においては、解析用語について理解する必要があります。用語のなかでも、「セッション数」は、Webサイトの訪問ユーザーを分析する重要な要素で、ユーザーがサイトの閲覧を始めたときから離脱するまでを1回とカウントする数値です。

広告運用の世界では、UU数やクリック数など、他の数値もあります。しかし、実際にこれらの用語の意味や違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、企業のWeb広告の運用を担当される方に向けて、セッション数の意味や確認方法、PV数やUU数、クリック数、ページ別訪問者数との違いについて解説します。Web広告の運用を担当している人は、ぜひ参考にしてください。

セッション数とは

セッション数とは、Webサイトにアクセスしてきたユーザーの「サイト訪問回数」です。自社のWebサイトを分析するうえで、ユーザーの出入りをカウントする指標になります。Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用する際に、頻繁に出てくる解析用語です。

セッション数の計測範囲は、「ユーザーがサイトを訪問してから離脱するまで」が対象です。Webサイトに訪問してきたユーザーを計測し、サイト内での行動や興味関心の度合いなど、現状を分析するうえで重要な指標といえるでしょう。

計測カウントは訪問回数単位で決定する

セッション数の基本的な取り決めでは、計測カウントをユーザー単位ではなく、訪問回数単位で決定します。あるユーザーが本日はじめてWebサイトに訪問してきて、サイトから離脱するまでが「1回の訪問数=1セッション」です。

たとえば、同じユーザーが1日のなかで2回、3回、4回と訪問をくり返したとします。この場合、ユーザーは1人でも、条件によっては4セッションとカウントされます。

セッション切れは離脱扱いとなる

サイト滞在中でも、以下の2つの条件に該当するとセッション切れとなり、離脱とみなされます。

・訪問してから30分以上、サイト内で行動を起こさなかった

・日付が変わると新たなカウントとなる

Webサイトに訪問し、サイトは開いていたものの、スクロールやクリックなどの行動をせずに30分以上経過すると、セッションは切れます。

また、日付変更もセッション切れとみなされます。たとえば、深夜23時47分にWebサイトを訪問すると、日付が変わるとともに新しいセッションになります。この場合は、訪問してから30分以上が経過していなくても、セッションは2回とカウントされます。

参照元が他のサイトからだとセッションは切断される

参照元のサイトが外部サイトのとき、その前のセッションポイントで切れる場合があります。移動する前に滞在していたページに、アクセス解析が設置されていない場合は外部サイトと判断され、移動前にセッションが切れます。自社サイト滞在中に、サイト内のリンクから他のサイトへ移動すると、セッションが切れる状況と同様です。

PV(ページビュー)数、UU(ユニークユーザー)数、クリック数との違い

Googleアナリティクスでは、セッション数以外にも、PV数やUU数など、Webサイトを分析する指標があります。Webサイトの改善にあたって、セッション数との違いを理解しておく必要があります。ここでは、アクセス解析の基本的な指標について、セッション数との違いを含めて解説します。

PV(ページビュー)数との違いは

セッション数とPV数の違いは、カウントする項目にあります。セッション数のカウント項目は、「訪問回数」で、ページビューで見る項目は「ページの閲覧数」です。

ページの閲覧数は、ブラウザ上で表示された回数をカウントします。複数ページで構成されているWebサイトの場合、サイト内を5ページ移動して離脱した場合は、ページビュー数は5回です。

PV数とは、1セッションのうち「何ページ閲覧したか」を計測する指標です。そのため、単ページ構成のWebサイトの場合には、PV数を増やすのは難しいといえます。Webサイト制作では、ページ数を多くすることが、PV数のアップにつながります。

UU(ユニークユーザー)数との違いは

UU(ユニークユーザー)数とPV数の違いは、一定期間、単一ユーザーの訪問を1カウントとする指標と、1日の単一ユーザーの訪問を1カウントとする点にあります。

 UU数とセッション数については、Webサイトの訪問回数を基準にすると理解しやすいでしょう。以下に具体例を挙げます。

 具体例:

『本日、AさんがWebサイト「Z」に訪問しました。AさんのWebサイト「Z」への訪問は、本日が初めてではありません。2日前と3日前に1回ずつ訪問しているため、Aさんの「Z」への訪問回数は、合計で3回です』

この場合、AさんのUU数は「1」、訪問回数は「3」となります。UU数は、「一人のユーザーがWebサイトに何回訪問したか」を計測する指標であり、セッション数はユーザーに関係なく、ルールにそって訪問数をカウントする指標です。

この仕組みを活用すると、自社Webサイトに訪問した合計ユーザー数をUU数で把握し、新規で流入してくるユーザー層の分析ができるでしょう。

クリック数との違い

クリック数とは、広告がクリックされた回数です。リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告といったWeb広告では、1回クリックされると1クリックとカウントされます。同一ユーザーが何度もクリックした場合でも、クリックした回数分がカウントされます。アクセスエラーなどが生じて、サイトに到達しなかったとしてもクリックされたとみなされます。

クリック数とセッション数は、数値にズレが生じる場合があります。たとえば、ユーザーが同じ広告を連続して2回クリックすると、カウントはクリック数は2回、セッション数は1回です。このような回数のズレは、ユーザーの行動によるものであり、クリック数とセッション数の仕様の違いで生じたものといえるため、特別な対応は必要ありません。

セッション数の確認方法

セッション数の確認は、分析ツールを使います。一般的には、GoogleアナリティクスというGoogleのサービスを利用することが多いです。基本的に無料のツールであり、Web広告を運用する場合は必ずと言ってよいほど利用します。

Googleアナリティクスは「スタンダード版」と「Googleアナリティクス360」の2つがあります。スタンダード版が無料で、360が有料になります。有料版には緊急時の対応や導入サポートといったオプションが付いています。

Googleアナリティクスに「ログイン」すると、アナリティクスホーム画面で、サイト全体のセッション数が確認可能です。どこから流入してきたのかを知りたい場合は、「集客」項目をクリックして、「すべてのトラフィック」から、「参照元/メディア」を開くと、参照元別の訪問者数も確認できます。

セッション数と間違えやすい「ページ別訪問数」

また、メニューの「行動」から「サイトコンテンツ」をクリックし、「すべてのページ」を選択すると、「ページ別訪問数」を確認できます。ページ別訪問数は該当のページに訪問した回数です。似ているため、注意が必要です。

「セッション数」は、訪問するたびに回数が増えていく仕組みです。一方の「ページ別訪問数」は、該当ページに1度訪問したユーザーが2度目の訪問をしても、カウントは変わりません。

セッション数の増やし方

サイトへの訪問者を増やすためには、ユーザーの属性のうち「新規ユーザーの訪問」と「リピーターの再訪問」がどのような割合であるかを知っておきましょう。ただし、両方を増やそうとすると、Webサイトが何を目指しているのかが不明確になる可能性があります。

たとえば、新規ユーザーに向けたサイトコンテンツにおいては、「初めて当サイトに訪問された方には、5つのプレゼントがあります」といった訴求を行います。しかし、ユーザーはプレゼントを手に入れることで満足し、リピート訪問にはつながらない可能性があります。

セッション数が増えてきたら、新規ユーザーとリピーターの割合を見極めることが大切です。

セッション数を増やすために新規かリピーターか見きわめる方法

セッション数における新規とリピーターの見極めは、Googleアナリティクスで分析する必要があります。分析には、Googleアナリティクスの左メニューから「ユーザー」を選びます。リスト内の「行動」から「新規顧客とリピーター」をクリックしましょう。

遷移グラフの下の表左側にある「ユーザータイプ」という項目を見ましょう。「ユーザータイプ」の項目のうち、「New Visitor」が新規ユーザーを指し、「Returning Visitor」がリピーターです。

分析結果の割合を見て、新規ユーザーが多くを占めている場合、Webサイトはリピーターの訴求が弱いコンテンツと判断できるでしょう。セッション数を上げるためには、リピーターに向けたコンテンツを提供する必要があります。

まとめ

Webサイトや広告の運営においては、どれだけの効果を得ているのかを把握し、改善をしていく必要があります。そのためには、アクセス解析の指標や数値の見方を理解しなければなりません。アクセス解析には多数の指標がありますが、ユーザーの行動を分析できるセッション数は、もっとも基本的なもののひとつといえます。

セッション数を増やすには、アクセス解析の数値を参考にして改善する必要があります。日々のチェックにより変化が見えてくるため、分析をふまえて取り組んでください。

Googleアナリティクスは専門用語が多いため、慣れるまで時間がかかるかもしれません。セッション数やPV数、UU数、クリック数、訪問者数など、アクセス解析の指標を理解しながら、Webサイトの運用を行っていきましょう。