私たちが商品やサービスを利用しようと決めるまでには、さまざまな情報収集を無意識のうちに行っています。知りたいことが十分に知れることで安心感や信頼感が高まり、購買につながるケースは費用に多いため、広告においてはユーザーに必要な情報を提供することがとても重要です。

コールアウト表示オプションとは、広告の内容を補足し、商品やサービスをアピールするための広告オプションのことです。

広告の見出しだけでは伝えられる内容に限界がありますが、この機能を利用すれば、多くの情報をユーザーに伝えることが可能です。そのため、広告効果をさらに高めることが期待できます。

この記事では、企業のWeb広告担当者の方に向けて、「コールアウト表示オプションの概要と入稿規定」「メリットと注意点」などを紹介します。上手く活用するコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

コールアウト表示オプションとは

Googleの検索結果画面に表示される広告の下に続くテキストを「コールアウト」と呼び、表示するための機能を「コールアウト表示オプション」と呼びます。

コールアウト表示オプションはGoogle広告を出稿したときに利用できる広告オプションの1つで、広告の見出し(タイトル)だけでは伝えきれない「メリット」「サービス内容」「広告主の実績」「料金」などを表示することができます。

Google広告は見出しも大事ですが、コールアウトもクリック率やコンバージョン率に大きな影響を与えます。

イメージとしては、検索結果画面にコンテンツが表示されるとき、見出しの下に表示される「メタディスクリプション」に近いものです。メタディスクリプションの機能もコンテンツ概要を伝える性質を持っています。

入稿規定

コールアウト表示オプションには、さまざまな入稿規定があります。

主な入稿規定は以下のとおりです。

1.全角で12文字・半角で25文字まで入力できる(理想は6文字~8文字程度)

2.文頭に「!」や「?」をつけるといった、感嘆符や句読点の不自然な使い方は禁止

3.広告の品質維持のため、同じ文言・単語を過剰に繰り返すことは禁止

4.同じ表現の文章を繰り返して使用することは禁止

上記4.については、同じコールアウトで繰り返すケースはもちろん、同じ「広告グループ」「キャンペーン」「アカウント」で作成するコールアウト・広告文・リンクテキストなどにも使用できません。

サイトリンク表示オプションとどう違うのか?

コールアウト表示オプションは、サイトリンク表示オプションとよく混同されます。

「サイトリンク表示オプション」は、コールアウト表示オプションの下に表示され、リンクを設定した青い見出しと説明文で構成されています。前者はリンクがなければ設定できませんが、後者はリンクがなくても設定が可能です。

最もユーザーに訪問して欲しいページのリンクを貼れるため、コンバージョン獲得につなげやすいのが特徴です。ユーザーにとっても、訪問したいページのリンクが検索結果画面に表示されるので、すぐに目的のページに遷移できるメリットがあります。

自社サイトでユーザーを誘導したいページがあるときは、積極的に活用したい広告オプションです。

コールアウト表示オプションを設定するメリット

コールアウト表示オプションは、広告の内容を補足説明できる以外にも、さまざまなメリットがあります。広告効果を最大化するためにも、メリットはしっかり把握しておきましょう。

商品やサービスの詳細をアピールできる

いかに自社の商品やサービスが優れていても、広告の見出しだけではすべてを伝えきれません。

コールアウト表示オプションを利用すれば、「年中無休」「初期相談無料」「3,000社以上の導入実績」「マーケティング支援に特化」など、自社の商品やサービスの特徴・実績を効果的にアピールできます。

入力できる文字数に限りがあるため、あれもこれもと詰め込むことはできませんが、「この商品はここがすごい!」という内容を表示すればユーザーの目を引くことができるでしょう。

クリック率(CTR)の向上が期待できる

ユーザーの目を引くため、設定するだけで広告のクリック率(CTR)の向上が期待できます。まず、広告の表示領域が拡大するので、それだけクリックもされやすくなります。効果的なコールアウトを設定できれば、クリックされる確率はさらに高まるでしょう。

クリック率が向上することで、必ずコンバージョンにつながるとはいえませんが、広告はまずクリックしてもらうことが大切です。クリックをされなければ商品の購入ページやブランドの説明ページも見てもらえず、成果を出すこともできません。

無料で利用できる

コールアウト表示オプションは、表示させるだけなら費用はかかりません。費用が発生するときは、広告がクリックされたときのみです。

Google広告で成果を出すためには、コールアウト表示オプションの有効利用が欠かせません。費用を気にせず利用できるので、多くのコンバージョンを獲得するためにも積極的に活用するとよいでしょう。

さまざまな状況に合わせてカスタマイズできる

コールアウト表示オプションは、「広告アカウント」「キャンペーン」「広告グループ」単位で設定可能です。また、表示する曜日や時間帯なども細かく設定できます。

そのため、季節・祝祭日・イベントごとに文面を変えてユーザーにアピールできます。仮に御社がネットショップを経営している場合、週末金曜日の18時~0時の間だけ、コールアウトの内容を変えて集客するといったことも可能です。

コールアウトの内容を「今日だけ全品20%オフ」や「23時までに注文すれば明日発送可」などのお得情報に変更すれば、クリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。

コールアウト表示オプションを設定する際の注意点

コールアウト表示オプションの設定を行うときは、コールアウトの文面に、他者の商標権を侵害している文言や単語がないかを確認する必要があります。

商標権を侵害した場合、商標権所有者が申し立てれば、Googleに自社の広告を削除されてしまいます。さらに、状況によっては、商標権所有者から賠償請求されることも覚悟しなければなりません。

コールアウトを作成するときは、他者の権利を侵害しないよう細心の注意を払いましょう。

コールアウトを効果的に活用するコツ

コールアウト表示オプションには、さまざまな活用方法があります。広告配信を最適化させるためにも、上手に活用できるコツを把握しておきましょう。

他の広告オプションと連携できる内容にする

Google広告の広告オプションには、「価格表示オプション」「プロモーション表示オプション」「住所表示オプション」「電話番号表示オプション」など、さまざまな種類があります。

これらの広告オプションとコールアウト表示オプションを連携させれば、ユーザーの利便性が向上し、自社の広告に好印象を持ってくれるでしょう。

たとえば、コールアウトで商品のメリットを紹介し、価格表示オプションで購入金額を表示すれば、ユーザーはWebサイトを訪れることなく商品購入を検討できます。

また、コールアウトでサービス内容をアピールしたあと、住所表示オプションで住所を表示させればユーザーに安心感を与えられます。

広告オプションは、単体での利用を考えるのではなく、他のオプションとの連携を考慮して利用しましょう。

具体的な数字を使って訴求する

コールアウトは、入力できる文字数が多いとは言えません。そのため、普段書いているような文章では、伝えるべき内容を上手く伝えることはできないでしょう。

訴求力の高いコールアウトを書くためには、「年中無休」や「送料無料」といったわかりやすい単語を使うのが効果的ですが、具体的な数字を入れるのも有効です。

たとえば、「利用者数10,000人突破」「注文後5日以内に発送可」「60日間返金保証」など、ユーザーが商品購入の流れやサービスの内容をイメージしやすい数字を入れるといった具合です。

ユーザーに具体的なイメージを持ってもらうことで、商品購入やサービス利用の意欲を高める効果が期待できます。

競合他社にはない強みをアピール

どのような企業でも、他社にはない強みがあります。その中でも、競合他社と比較して「これだけは負けない!」というポイントを積極的にアピールしましょう。

たとえば、「業界売上ナンバー1」「Amazonランキング1位獲得」「サービス継続率96%」「農林水産大臣賞受賞」など、競合他社には真似できない部分を伝えましょう。

また、上記のようなアピールポイントがなくても、御社だけが用意できる特典やオプションなどをアピールすることも有効です。

コールアウトの文章を考えるときは、自社の強みを書き出してみましょう。あらためて書き出すことによって、御社の新たな魅力を発見することもあるかもしれません。

まとめ

コールアウト表示オプションは、単に商品やサービスの詳細を伝えるだけでなく、表示する時間帯や曜日を絞ってターゲティングすることが可能です。また、他の広告オプションと連携することで、広告全体にさまざまな機能を持たせられます。

Web広告でコールアウト表示オプションを活用することで、さらに広告効果を高めることができるでしょう。

Web広告全盛の現在、多くの企業が広告を出稿しています。そこには、さまざまなアイディアを駆使したコールアウトが表示されているでしょう。お手本となる教材と言ってもいい、他社のアイディアを参考にしない手はありません。

御社がまだコールアウト表示オプションを利用しておらず、これからはじめようというなら、他社のアイディアを参考にすることをおすすめします。この記事を参考に、ぜひ自社の広告運用を成功させてください。