エントリーフォームの作り方一つで、成約数に大きく影響します。

もし入力の途中でフォームから離脱してしまうような事になれば、大きな機会損失となってしまいます。

顧客獲得のためにもEFO(Entry Form Optimizationの略でエントリーフォーム最適化の事)がとても重要になってきます。

今回はエントリーフォームを最適化し、コンバージョン率の高いフォームを作るための大切なポイントを紹介します。

フォームの作り方で変わるコンバージョン率

サイト内には、資料請求・会員登録・問い合わせ・メルマガ登録などのエントリーフォームが設置されています。

新規顧客を獲得したり見込み客を見つけたりするためには、エントリーフォームに入力して送信してくれる人を増やす事が最大の目的と言っても良いでしょう。

自社の商品やサービスに興味のある人のメールアドレスを取得することができれば、継続的に情報発信することができるようになります。すると顧客育成することもでき、新規顧客の獲得にもつながるのです。

エントリーフォームは、サイトの中でも一番大切なページと言えますが、トップページや商品ページに比べると、あまり重要視されない傾向にあります。

例えば、エントリーフォームに入力する項目の数や入力する内容によってコンバージョン率は違ってきますし、入力しにくかったり途中でエラーになったりすると離脱する人も多くなってしまいます。

エントリーフォームを見直して最適化することで、コンバージョン率を高めることが可能になります。

コンバージョン率を高めるフォーム作りのポイント

コンバージョン率を高めるためのエントリーフォーム作りの基本的なポイントとしては、次のものがあります。

1,入力する項目をできるだけ減らす

フォームを見て入力する項目数の数が多いと、それだけで面倒そうと感じてしまいます。入力する項目をできるだけ減らすことで、入力する人の負担感を減らすことができます。

2,必須項目と任意項目の区別を分かりやすく

電話番号・年齢・生年月日などプライバシーに関わる情報ほど入力しにくくなります。もしこのような情報の中に任意でも良いものがあれば、必須か任意かを一目で区別できるようにしましょう。入力しなければならない項目を可能な限り少なく見せる配慮が、離脱する人を減らすのです。

3,自動入力で手間を減らす

例えば郵便番号を入力すると住所が自動で入力される、前に入力した項目は自動で入力されるなど、入力する人の手間を減らすことが離脱率を下げるためのポイントになります。

このように入力する人の負担感や手間をできるだけ省いて上げることが、コンバージョン率を高めることにつながります。

見逃せないソーシャルメディアの活用

エントリーフォームの最適化を行うにあたって、ソーシャルメディアの拡散力を見逃すことはできません。ソーシャルメディアをうまく利用すれば、フォームページの存在をたくさんの人に知っていただくことが可能になります。

フォームページにFacebookやtwitterなどソーシャルメディアのシェアボタンを設置することで、情報を共有してもらえるようになります。

見込み客を集めるために最適なコンテンツを用意しておけば、「ここにアクセスすれば役立つ資料がある」「ここから成功事例集がダウンロードできる」などと拡散してもらえるようになります。

またフォーム送信後に表示されるサンキューページもソーシャルメディアと連携して活用することができます。Facebookやtwitterなどのシェアボタンを設置して友達にすすめてもらったり、Facebookページに誘導してファンを増やしたりすることもできます。

コンバージョン率を上げるためにも、ソーシャルメディアの活用は見逃せません。

コンバージョン率を高める便利ツール

エントリーフォームのコンバージョン率を高めるために役立つツールをご紹介します。ツールを使うことで、離脱率が把握できたり、項目別の入力時間を知ることができたりします。これらのツールを利用することで、よりコンバージョン率の高いフォームを作成することができます。

1,synergy!360

エントリーフォームを作成することができ、入り口からコンバージョンまでの状況を把握することができます。また顧客管理やメールマーケティングなども行うことのできるマーケティングツールです。

2,VWO

専門的な知識がなくても、ABテストを実施することのできるツールです。フォームの入力項目の数や内容を変えることで、どうコンバージョン率が変わるのかをテストすることができます。

3,f-tra EFO

資料請求や問い合わせなど使い勝手の良いエントリーフォームを作成することができます。項目別に入力数やエラー数、離脱数や平均入力時間等を把握することができ、エントリーフォームのユーザビリティを改善することができます。

まとめ

エントリーフォームを最適化して、コンバージョン率の高いフォームを作るためのポイントを紹介しました。

フォームに入力する項目をできる限り減らしたり入力を自動化して入力したりする人の負担や手間を減らすことが、コンバージョン率アップに効果的です。

またソーシャルメディアを利用することで、フォームへのアクセスを増やすことができます。

さらにツールを利用すれば、よりユーザビリティの高いエントリーフォームを作成することができ、成約数を増やすことにつながります。