「ホームページを作ったがアクセスがない」「問い合わせがあったのは何カ月も前」……。このようにサイトへ集客ができずに悩んでいる企業は珍しくありません。しかし、ツールをうまく活用すればサイトの集客力を高めることが可能です。

今回はサイトの集客力を高めるために効果的なツールを紹介します。

アクセス解析ツールと集客ツールがポイント

「WEBからの注文を増やしたい」「問い合わせを増やしたい」「アクセス数をもっと増やしたい」多くのクライアントはそう思っているでしょう。しかし、何をどうしたらよいのか分からずに悩んでいるのが現実です。

売り上げにつながる効果的な集客施策を実施するには、まず現状を正しい現状分析が必要です。アクセス解析でサイトの課題をチェックして、「プラン・ドゥ・チェック・アクション」のPDCAサイクルを回すことが、中・長期的にサイトの集客を増やし、売り上げを伸ばすことに繋がります。

また、サイトの現状をチェックした上で、目標となる注文数や問い合わせ数を決めて、それを達成するためのアクセスを集めなければなりません。

現状を把握するためのアクセス解析ツールとアクセス数を増やす集客ツールを活用した提案がポイントになるでしょう。

集客・コンバージョン数アップのために効果的なツールは

サイトの現状を正しく把握して課題をみつけるためには、検索エンジンや広告、SNSなど経路別の流入状況やページビュー、コンバージョン率などをチェックできるアクセス解析ツールが必要になります。

サイト集客にあたって必要になるツールは、強化したい流入経路によって変わります。

検索エンジンからの集客を増やしたい場合、サイトのコンテンツを充実させることが重要です。そのためにはコンテンツを追加できるCMSの導入が効果的でしょう。CMSを導入すればクライアントが自分で簡単にページを増やすことが可能です。

また、検索エンジン以外の集客経路として、SNSも検討したいところです。SNSからの流入を効果的に増やすコンテンツのひとつとして動画が挙げられます。品質の高い動画を簡単に作成できるツールを活用すれば、できあがった動画をSNSにアップすることで高い集客効果を期待できるでしょう。

もし予算がとれるのであれば、リスティング広告、SNS広告など、少額からでも広告出稿をするのも有効です。アクセス解析ツールを使っていれば効果測定も簡単ですので、費用対効果のいい広告を見つけられるでしょう。

おすすめツール1:施策の効果がみえるアクセス解析ツール「ウェブアンテナ」

サイトの現状を分析するために効果的なツールが「ウェブアンテナ」です。流入元を詳細に把握できるのが特徴で、検索エンジンからの流入はもちろん、リスティング広告やバナー広告からの流入も一目で確認できます。メルマガやSNSなどからの流入も一元管理できますので、どんな施策を行うべきかもみえてくるでしょう。

また、ABテスト機能が搭載されており、複数パターンのランディングページを出し分けてどの組み合わせにすると最も効果が高いかを検証することもできます。ウェブアンテナを導入すれば流入元分析とABテストで、実施した施策の効果を知ることができ、PDCAサイクルをスムーズに回すことが可能になります。

おすすめツール2:どこからでも操作できるクラウド型CMS「Movable Type クラウド版」

SEO対策ではサイトのコンテンツを充実させることが重要です。また、サイトに集客を図るためには、ユーザーにとって興味のある情報を継続的に発信することが必要になります。

そのためのおすすめツールが「Movable Type クラウド版」です。Movable Type クラウド版を導入すればサイトにコンテンツの追加や更新が簡単に行えるようになります。クラウド版なのでネットにさえつながっていれば、必要なときに場所を選ばずどこからでも操作できるのも大きな魅力です。費用も月額制のためサーバーの準備やソフトウェア購入の必要がなく、イニシャルコストを抑えられるというメリットもあります。

おすすめツール3:撮影・録音なし!パワポデータから動画が作れる「PIPmaker」

「PIPmaker」はパワーポイントのファイルをアップロードするだけで質の高い動画を簡単に作れるツールです。多彩な3Dアバターと音声合成が特徴で、入力した文章を音声に変換し、実写・イラスト・動物など選択したアバターに話させることができます。そのため、撮影や録音を一切しなくても動画を作成することが可能です。

音声合成は17カ国語に対応しているので、インバウンド客を対象にしたサイトや越境サイトでも活用できます。また、ハイパーリンク機能で視聴者のクリックで進む動画コンテンツも作れるので、ユーザーが見るだけでなく参加できる動画も可能です。SNSなどにアップすれば話題性もあり、集客増に貢献してくれるでしょう。

ツールを活用して課題と成果をチェックしPDCAサイクルを回そう!

サイトの集客を増やすために何とかしなければと思いながらも、どこから手をつけてよいのか迷っているクライアントも多いでしょう。売り上げの上がるサイトにするためには、課題を見つけ出してPDCAサイクルを回すことが重要です。

今回紹介した解析ツールを活用することで、何をすべきかが明確になり、その効果もキチンと把握できます。PDCAを回して中・長期的に売り上げを伸ばすという提案は説得力の高いものになるでしょう。また、分析後の次の一手をスムーズに打つためのツールも合わせて提案することで、クライアントの信頼を獲得して業績アップへとつなげていきましょう。