WEBサイトを運営していれば誰でも検索順位は気になるものです。そのため、効果的なSEO施策をクライアントに提案できれば、他社と大きく差別化することが可能です。今回はツールを活用してクライアントに効果的なSEO提案、サイトの改善提案をするための方法を紹介します。

効果的なSEO提案をするための課題と目指すべき理想の状態

SEO対策のための情報はネット上にもあふれています。しかし具体的にはどんな施策を行えば効果的なのかはイマイチ見えてきません。そんな課題を抱えるクライアントに対して効果につながるSEO提案ができれば、大きな武器となるのです。

しかしながら、クライアントから「SEOを提案してほしい」と言われてもきちんと対応できずに困ったことはないでしょうか?クライアントに最適なSEO提案をするためには、そのサイトの状態や競合関係を客観的に分析しなければなりません。この作業を手作業で行おうとすると、とても手間がかかりますしコスト的にも見合わないものになってしまうでしょう。

そこでおすすめなのがツールを活用する方法です。ツールを活用すれば、時間や手間を省きながら、的確な提案をしやすくなるため、付加価値を高めて顧客単価を上げることにつながります。また、単発の案件を年間契約のような継続案件にすることも可能です。SEOをサービスとして扱えるようになれば、利益アップや安定した売り上げ確保の効果が期待できるのです。

理想の状態を実現するためにどのようなツールが必要か

効果的なSEO提案で他社と差別化するためには、どんなツールが必要なのかを考えてみましょう。

クライアントに効果が期待できると感じてもらうためには、客観的なデータに基づいた提案であることが重要です。アクセス解析で、現在の流入状況を分析して課題を発見しましょう。

まずは、検索エンジン経由でどれくらい流入があるのか、どんなキーワードでの流入が多いのかなどを確認します。あるキーワードで上位表示されていても、それがコンバージョンにつながっていなければ意味がありません。売り上げや集客につながるキーワードを見つけて対策を行う必要があります。

その際に効果的なのがCMSを使って個別ページを作成する方法です。個別ページを作成することでトップページとは違うキーワードでSEO対策を行いやすくなります。CMSを使用すれば簡単に個別ページを増やせるうえに、ページごとにSEO対策を施すことが可能になるのです。上位表示をねらうキーワードごとに個別ページを作成すれば、ロングテール効果とも相まって全体のアクセス数を増やすことにつながるでしょう。

おすすめツール1:効果的なSEO提案ができる「ウェブアンテナ」

流入元を分析して現状を把握するために、効果的な分析ツールのひとつが「ウェブアンテナ」です。ウェブアンテナは検索エンジンからのオーガニック検索はもちろん、バナー広告やリスティング広告、メルマガなどからの流入を一元管理することができます。<br>

さらに、直接コンバージョンにいたった流入だけでなく、間接的にコンバージョンに貢献した流入も計測できるので、SEOの効果を適切に評価できます。

アクセス状況は管理画面で一目で把握できますので、エクセルなどで整理するような必要もありません。検索で使われたキーワードや接触した広告の履歴を分析することで、次にどんな手を打つべきかも見えてくるでしょう。

例えばコンバージョンにつながっているキーワードを詳細に知ることで、より効果的なSEOが可能になります。従来の「キーワード出現率」「被リンク数」のように漠然としたSEO提案ではなく、必要なコンテンツを明確化し、ピンポイントで効果が期待できる提案が可能になるのです。

ウェブアンテナはもともとは広告効果分析に強みがあるツールでもあるので、SEO提案だけでなく、サイトの分析や改善のための提案にも活用できます。ABテスト機能もあるので、キャッチコピーやバナーなど、どんな訴求パターンがコンバージョンに結びつくのかを簡単に検証することも可能です。ウェブアンテナを活用することで他社と大きく差別化できるでしょう。

おすすめツール2:狙ったキーワードでページを量産できる「ランディングページCMS」

「ランディングページCMS」は簡単にランディングページを作れるCMSです。CMSといえば「WordPress」などが有名ですが、汎用性が高いゆえに、ある程度の専門知識が必要とされるなどのデメリットもあります。

しかしランディングページCMSは、ブロック並べ替え機能を使うことで、初心者でも簡単にストーリー仕立てのランディングページを作成することが可能です。しかも必要な部分を複製しながらランディングページを量産することもできます。流入が期待できるキーワードやコンバージョンが期待できるキーワードごとにランディングページを簡単に作成することが可能です。

作成したランディングページに必要なキーワードがキチンと盛り込まれているかをチェックすることもできるので、高いSEO効果が期待できるでしょう。Googleなどの検索エンジンは重複コンテンツを低評価としますが、それをチェックする機能もついています。

ランディングページCMSを活用することでロングテールSEO効果も高まり、アクセス数とコンバージョン数のアップが期待できます。ツールをうまく活用して効果的なSEO提案をし、他社との差別化につなげていきましょう。

ツールを活用して他社と差別化しよう

集客や販売にWEBサイトを活用している企業は、SEOやアクセス数を常に意識しています。しかしSEOはブラックボックス的な部分も多く、なかなか効果的な手法を見つけられないのが現状です。

そのため客観的なデータに基づいた提案を行うことができれば、他社と大きく差別化できることになります。効果の高いSEOを自社のメニューに加えることでビジネスチャンスも大きく広がるでしょう。クライアントからの信頼も得られ、不毛な価格競争に陥ることもなくなります。

その結果として利益率も高まり、安定した売り上げが見込めるようにもなるのです。ツールを活用して仕事の幅を広げ、安定経営につなげていきましょう。