検索エンジンの「ヒット数を上げたい、集客率を高めたい」という担当者様は必見!

この記事では、大幅にヒット数や集客率を高められるリスティング広告の、メリットやデメリットを中心として詳しく解説していきます。

リスティング広告を運用するか迷っている担当者様は、是非参考にして下さい。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンやパートナーサイトで、検索キーワードやユーザー属性に合わせて検索結果の上部と下部に表示される広告です。今では非常に有名な広告の1つで、活用されている企業様は非常に多くなっている傾向になっています。

広告の種類としては、インターネット広告の「コンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)」になります。今では、テレビ広告費をインターネット広告費が追い抜き、インターネット広告の中でも運用型広告と呼ばれる広告費が全体の約80%を占めるほど、需要が伸びてきています。

自然(オーガニック)検索との違い

自然(オーガニック)検索とは、検索を行った際に広告枠の下に表示されるものが自然検索の部分になります。

自然検索の他に、SEO(Search Engine Optimization)とも言われることがあります。

自然(オーガニック)検索はさまざまな要因が付け加えられたうえで検索順位が決まるため、自然(オーガニック)検索を行ったとしても必ずしも検索結果が上位に表示されるわけではありません。反対にリスティング広告は、出稿後すぐに検索結果の上部に表示することが可能です。

自然(オーガニック)検索は無料ですが、リスティング広告はクリックした際に費用がかかります。自然(オーガニック)検索は検索エンジンのタイトルや説明文を変更できませんが、リスティング広告は変更可能です。また、自然(オーガニック)検索は時間や地域などの配信するターゲットの変更はできませんが、リスティング広告は変更可能です。

どこに掲載されるのか

リスティング広告を掲載できる検索エンジンはいくつかありますが、日本での9割以上の利用者シェアを占める検索エンジンが、「Google」と「Yahoo!」です。

この2つの検索エンジンを捉えておけば大丈夫です。

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告は、とても良いメリットもありますが、デメリットもあります。

メリットだけではなく、デメリットもよく学び、リスティング広告の理解を深めましょう。

メリット

・商品購入や問い合わせしたいユーザーに的確にアプローチできる

ユーザが検索したキーワードに沿って広告を検索エンジンに表示できるため、特定の商品を探しているユーザーの求めているものを表示できます。

ピンポイントでアプローチができるので、商品購入・問い合わせしたい人に的確にアプローチできます。

・低予算でいつでも始められ、いつでも辞められる

リスティング広告には、最低出稿金額が設けられていません。クリック課金制(クリック数に応じて費用が発生)です。また、ボタン一つで配信開始・停止ができます。なので、予算に合わせて好きなタイミング辞められることができます。

・短期間で成果を実感できる

リスティング広告は早くて即日配信できるため早く見込み客を集められます。また、検索上位に表示できるため、ユーザーの目に留まりやすいので、短期間で成果をあげられると考えております。

デメリット

・広告を避けるユーザーが一定数いる

リスティング広告は、広告と表示されるので、ひと目で広告だとわかります。一定数のユーザーには、あからさまな広告を避ける傾向があります。

・認知度は上がりにくい

検索エンジン上にはテキストしか表示されないため、印象に残りにくいです。また、一定のユーザーにはアプローチができますが、裏を返せばそれ以外の関心や興味がないユーザーにはアプローチできません。なので、認知拡大には向いていません。

・コストがかかる

低予算で始められる裏腹に、出稿するのにも最低限の費用などのコストがかかります。広告に使うサイトがない場合は作成することが必要です。そのため、初期費用にある程度の費用がかかる場合があります。

効果的な運用方法

配信時間や配信地域の設定も可能なため、特定の曜日・時間帯・地域に対して広告を配信することで、効率的に運用することが可能です。検索しているユーザーのニーズを満たすようなタイトル、広告文で関心を引き、クリックしてもらえるような広告作成を心がけましょう。リスティング広告はキーワードが命なので、ユーザーが検索しそうなキーワードを引き出すことが大切です。

また、自然(オーガニック)検索はクリック費用が無料、クリック率が高い(検索上位に上がれば)、リスティング広告は即効性が高い、コントロール性が高いので、リスティング広告と自然(オーガニック)検索と併用して、上手に使い分けることも効果的な運用方法です。

まとめ

場合によっては低予算で始められ、短時間で成果を上げられますが、キワード設定など運用者のスキルによって効果が大きく変わることもあります。リスティング広告を迷っている担当者様は、まずはアカウントを作成して掲載をイメージしてみてはいかがでしょうか?